【滑走日誌22-6】晴れ、小雪、吹雪、クリスマスのガーラ湯沢スキー場

スキー場 国内

2021年12月24日(金)から、2泊3日でガーラ湯沢スキー場で滑ってきました。

12月24日(金)

いつもの新幹線で上野駅を出発。

毎年、私はホワイトクリスマスです(^.^)

ガーラ湯沢では、大きなクリスマスツリーが出迎えてくれます。

今年はGoldwinのバナーが飾られていますね。

#年中あることは内緒です(笑)

ゴンドラ乗り場の改札にかわいいクリスマスの飾りがありました。

今シーズン初の山頂、グルノーブルコースに魅力的なシマシマがありました。

ソフトパックされたゲレンデで、最高に楽しく滑れました。

山頂はまだ小山があります。

そのうち、この小山が無くなりまっ平らになります。

ジジコースもいい感じです。

スキー場全体が勘違いバーンです\(^o^)/

12月25日(土)

朝は目覚めると窓の外からなにやら不穏な音が。

ガーン、街中は雨です。

ガーラ湯沢は、ゴンドラで登った上にゲレンデが広がるので、スキー場は雪でほっとしました。

1日、黙々と滑りました。

12月26日(日)

予報通り朝から本降りの雪です。

越後湯沢にとってはいつも通りでしょうか。

街中で交通に支障が出るようなことはありません。

ゴンドラ乗り場まで雪が積もっているので、もう少しで下山コースがオープンしそうです。

ゲレンデは圧雪後に20cmぐらいの降雪がありました。

気温が低く雪はサラサラで、板の表面に雪がくっつきません。

ただ、視界が悪かった(>_<)

10時の時点でくじけてしまい、2回目の休憩をとり、そのままレストランで4時間も過ごしてしまいました(汗)

それでも、最後の力を振り絞り(?)14時から2時間ぐらい滑りました。

 

2枚の写真は同じ場所からの撮影です。

80mぐらい先の建物がまったく見えない時間帯もありました。

最後に

当分の間、雪が降り続くようですね。

この雪で、ほとんどのスキー場は全面滑走可能になりそうです。

スノーヤーにとってよいシーズンになってほしいですね。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 日曜日はほぼ同じく。。。
    さすがに4時間も避難しませんでしたが、ゴンドラ回しで一滑り毎に休憩でした。
    寒いので、誰かのゴーグルが冷凍されたり、誰かがトイレ、誰かがバテたりと。。。

    トップシートに付かない雪は気分が良いですよね。
    が、所長さんの1日目のシマシマも良いなぁ。。。
    明日あたり良さそうなんだけど…
    行けない…
    行きたい…

    • お子さんがいると大変ですよね。
      大人が震えあがっていても、子供は元気いっぱいです。
      雪は好きですが、だんだんと晴れた日にのんびりが良くなってきましたww

タイトルとURLをコピーしました