【5回目】前走は五輪銅メダリスト、テクニカル受験記

スキー

月日は流れ、5回目のテクニカル受験を行ったのは、4回目から8年が経っていました。

この間にスキー人生を変える大事件がありました。

 

まだの方は初回からご覧ください。
【初回、2回目】現実が分かっていなかった、テクニカル受験記 はこちら
【3、4回目】初めての種目別合格点、テクニカル受験記 はこちら

骨折、リハビリ

2006年3月、4回目の受験の翌月にスキー中に骨折をしてしまいました。

右足の脛骨・腓骨の粉砕骨折で、60日間入院をしました。

手術前には、歩けなくなることも覚悟するように言われていましたが、医師や看護師のみなさんのおかげで手術は大成功。

退院してから数年は、スキーどころか普通の生活に戻るためのリハビリを続けていましたが、この話は別の機会に。

コブとの出会い

この話も何度かブログで書いたことがありますが、ひょんなことからコブレッスンに入ることになり、滑りの中で一番脚力を使わないコブが楽しくなりました。

と言っても、ほとんどの人には信じてもらえないと思いますが、一番脚力を使う滑りは整地大回りで、コブは筋力の無い人には優しいのです。

脚力を必要とする滑りは、次の順になります。

  • 整地大回り(カービング)
  • 整地小回り(カービング)
  • 急斜面小回り
  • コブ

必然的に足への負担が少ないコブを滑る機会が増え、コブが上達していきました。

あっ、誤解の無いように言っておきますが、硬いコブや急斜面のコブは脚力を使うので滑れませんよ。

今でも(笑)

検定5回目

右足の筋力は左足に遠く及びませんが、斜度があっても雪が柔らかければ大回りが出来るようになったので、久しぶりに受験してみることにしました。

検定種目

8年の間に、検定種目が少なくなっていました。

  • 総合滑降
  • 大回り 整地
  • 大回り 不整地 >>廃止
  • 中回り     >>廃止
  • 小回り 整地
  • 小回り 不整地

私にとって、3重の喜びです。

1点目は、滑り方の全く分からない、大回り系の種目が2つも廃止されました。

これで減点が少なくなることは確定です(^.^)

2点目は、不整地大回りが無くなったことで、脚力に問題があるので、同種目が検定にある間は受験することは無かったことでしょう。

そして、3点目は検定時間が短くなったことです。

越後湯沢近辺のテクニカル受験者はとにかく多く、時には100名近くになることもあります。

一人6種目滑っていたら、終わりが2時を過ぎることも。

本当に、4種目になって良かったです。

戦略

4回目の検定までは74点を目指していた不整地小回りですが、受験時には一番の得意種目になっていました。

前回、整地小回りで合格点がでたので、不整地小回りと共に合格点は出るだろうと思っていました。

問題は大回りです。

勝算があったわけではありませんが、まぐれで合格点がでないかなと思っていました。

事前講習

新潟県スキー連盟主催のプライズ検定の事前講習は、斜面の下に3名の検定員が間をあけて並び、手があがったら、その検定員に向かって滑り降りコメントをもらう方式です。

だいたい1時間ずつ、午前、午後で4種目の事前講習が行われます。

受験生が多いので、各種目2回、巡り合わせが悪いとコメント1回ということもあります。

前日のコメントで点数が大きく変わるわけではありませんが、コメントは多くもらいたいと思うのが受験者の心情です。

検定

検定の前走は、元石打丸山スキー・スノーボード学校所属で、スキーハーフパイプ、オリンピック3位、W杯総合優勝の小野塚彩那選手でした。

小野塚選手、なんとツインチップ(トップとテールが上に曲がった形状)の板で登場です。

滑りは、さすがです。

上手すぎて、なんの参考にもなりません(笑)

さて、自分の滑りですが、大回りでは、スピードを落とさないことを意識して初の74点がでました。

小回りは合格点が出ると思っていたのですが74点でした。

滑走後には75点だと思っていたのに、何が悪かったか分かりません。

まだ、安定して合格点がでる滑り方が身についていなかったようです。

不整地小回り、少し硬めでコブが成長してきたので、横ずれを大多く安全に完走し、予定通り合格点が出ました。

受験日 :2014年3月
会場  :石打丸山スキー場
検定種目とゲレンデ
 総合滑降   :74点(ホピヒラーコース)
 大回り    :74点(ホピヒラーコース)
 小回り    :74点(ホピヒラーコース)
 小回り 不整地:75点(大丸山ゲレンデ)

検定初回から5回目までの得点一覧

比較をするため、4種目のみ抜き出しました。

こうやって並べてみると、毎回得点が1点づつ上がっていることが分かります。

このペースでいけば、あと3回受験すれば合格です(笑)

回数受験日検定会場4種目総合滑降大回り小回り小回り不整地
初回1990年代半ば黒姫高原
2回目2004年4月志賀高原294(-6)73737474
3回目2005年3月鹿島槍295(-5)74737474
4回目2006年2月鹿島槍296(-4)74737574
5回目2014年3月石打丸山297(-3)74747475

最後に

なんとかなるかもしれないと思って臨んだ検定ですが、現実は甘くなかったです。

コブを滑っているときは、はっきりと自分の滑りが分かりましたが、他の種目では合格点の基準が分からないまま滑っていました。

これが、点数の違いにでていると思います。

すなわち、はっきりと点数がでる滑りが分からないと、合格には近づけないということだと思います。

(どこまで?)つづく。
【6回目事前講習編】石の上にも四半世紀、テクニカル受験記 はこちら

 

【初回、2回目】現実が分かっていなかった、テクニカル受験記 はこちら
【3、4回目】初めての種目別合格点、テクニカル受験記 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 前走が小野塚選手だなんてなかなか見れない?のである意味ラッキーじゃないですか。。。笑
    ビブ1の方はヤケクソ?全く違い過ぎて、ある意味プレッシャーかからなかったり?

    検定受ける時期っていつが良いんでしょうねぇ?
    シャバシャバ雪でやってるのを見ると、可哀想になってきます。。。
    でも、硬いコブも嫌だなぁ。
    そして前日に不整地を頑張っている方を見ると、自分達で自分達の首絞めてるって思いながら眺めてます。。。笑

    • 小野塚選手、前走もいいけど、ハーフーパイプを見たいです。

      検定はいつがいいんですかね。
      私は、コブが柔らかければいつでもOKです(^.^)

タイトルとURLをコピーしました