【練習日誌12】修正すべきポイントが分かってきました

スキー

いや~、コブは難しいですね。

過去の滑りが記憶の中で美化されているだけなのか、はたまた老化で下手になったのか、いずれにしても納得する滑りができません。

ただ、滑れない原因は分かった来ました。

過去のメモ

以前から、滑っていて気になることや、レッスンで教えてもらったことをメモをしています。

残っている一番古いメモは2008/2009シーズンのものでした。

その翌シーズンの2009/2010シーズンからスクールに入るようになったようです。

当時のインストラクターの名前が凄かった。

原大虎(オリンピック出場)、 岡田慎(ナショナルデモンストレーター)、たぶんスクールの一般レッスンだったと思います。

同じようなことを繰り返し言われていました(>_<)

前後のポジション

そのほかにも、コブ関連のブログや、自分のブログ(笑)を読み返してみて、上手く滑れない原因が分かってきました。

どうも、体が遅れているようです。

そして、コブの出口で足を延ばし始めるのが早すぎる気がします。

脚部の吸収、伸展のリズムがコブの形状とあっておらず、このことも体が遅れる一因だと思います。

左右のポジション

ハイシーズン中から引き続き、朝一番は大回りの練習をしています。

コブは難しいですが、大回りはもっと難しい。

切替の時にどうしても谷側の腰が前に出て、外向傾が強くなってしまいます。

切替の意識をいろいろと変えながら、挑戦してみました。

その中で、一番スムーズに、そして自然に切り替えができていると言われたのが、足の裏の荷重点が真横(進行方向に垂直)に動くように意識したときでした。

最後に

コブも、大回りも修正すべきポイントが見えてきました。

引き続き、練習を重ねていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 所長さんちゃんとメモしたり、それを見返したりして偉いですね!
    なかなかできる事ではありません。
    検定を受ける方もそんな努力をされている方は素晴らしいと思います。

    教えて下さい。
    所長さんはコブを滑ってる時、何コブ先見てますか?
    何コブか先のコブを見たり、手間のコブを見たり、見る場所を変えたりしてますか?
    私下手くそなんで、そんなスピード無いし、先のコブ見ないと上手く行かないのはわかるのですが、
    所長さんはどうしてるのかなぁと。。。

    • ありがとうございます。
      そう言っていただけると嬉しいです。

      ぼ~と、二つ先ぐらいのコブをみています。
      良かったら、こちらも読んでみてください。
      https://skibumpslabo.com/archives/949

      • ぼ〜と、ですね。ぼ〜と!
        参考にさせて頂きます!

タイトルとURLをコピーしました