超マニアック、ガーラ湯沢スキー場 クイズ!

スキー場 国内

石打丸山スキー場クイズが大好評だったので、気を良くしてガーラ湯沢スキー場クイズを作ってみました。

前回に負けず劣らず、難問をご用意しましたので、どうぞお楽しみください。

 

問題、ヒント、そして回答の順に並べています。

問題

第1問

新幹線ガーラ湯沢駅からゲレンデに向かうゴンドラ、ディリジェンス。

ゴンドラのラッピングに新幹線があり子供に人気ですが、2019年に新幹線以外の車両が加わりました。

さて、それはどんな車両でしょうか。

第2問

2021/2022シーズン、GALA湯沢のポスターとなった、アーティスト【凪】さんが描くの中央エリアの「愛の鐘展望台」。

この展望台は3階建てなのですが、2階には何があるでしょうか。

ちなみに、1階は倉庫です。

第3問

ゲレンデのある場所にあるこの石、ある目的のために設置されています。

この石は何で、どこにあるでしょうか。

第4問

ガーラ湯沢スキー場のコースマップには、中央エリア5コース、南エリア5コース、北エリア9コースの合計19コースが描かれています。

しかし、この他にかつて存在した5つのコースがあります。

その5つのコース名をお答えください。

第5問

リフトの搬器、頭上に、見慣れないものが取り付けてあります。

さて、これは何の目的で取り付けられているのでしょうか。

 

ヒント

第1問のヒント

2002年に東日本旅客鉄道傘下となった東京にある会社が運営する乗り物です。

第2問のヒント

ロマンチックな雰囲気から、現実に引き戻される施設です。

第3問のヒント

山好きの方であれば、見ただけで分かりますよね。
(少し壊れていますが、、、)

第4問のヒント

南エリアの2か所は、〇〇上部とスーパー〇〇、中央エリアはスーパー〇〇とスーパー〇〇、そして、北エリアと中央エリアを結ぶコースです。

第5問のヒント

製造元は造船大手の株式会社IHIで、この装置を付けたリフトは、北エリアのビクトリアと中央エリアのバルーシュです。

ディリジャンスには、ゴンドラ毎に、この装置が2つ取り付けられています。

 

回答

第1問の回答

答えは、東京モノレールです。

2019年9月17日、東京モノレールは開業55周年を迎え、東京モノレール10000形車両のラッピングゴンドラが登場しました。

第2問の回答

答えは、トイレです。

長靴を履いてリフトで来る方も多く、急にもよおした場合に必要となりますが、こちらから見ると、ちょっと、、、ですね。

第3問の回答

答えは、ガーラ湯沢スキー場の最高地点、高津倉山の山頂にある三角点です。

ペアリフト、コーチ降り場横にある小山の上、写真の鉄柱の右側にあります。

ハイシーズンにはこの小山が雪で埋まり、真っ平らになります。

(補足)三角点とは三角測量に用いる経度・緯度・標高の基準になる点です。

第4問の回答

答えは次の通りです。

260万ダラー上部(南エリア)
 山頂から南エリアに滑り込むコース。
 現260万ダラーは、倍の長さがありました。

スーパーイライザ(南エリア)
 バットマンからリフト乗り場に滑り込むコース。
 かなり以前に廃止されました。

スーパーエーデルワイス(中央エリア)
 エンターテイメント上部からエーデルワイス中腹に滑り込むコース。
 営業終了時間までコブが滑れましたが、初級者コースに高速で滑り込む人がいて、危険なので廃止されました。

スーパーエンターテイメント(中央エリア)
 エンターテイメント下部からエーデルワイス下部に滑り込むコース。
 スーパーエーデルワイスと同じ理由で廃止されていましたが、合流場所を狭めることで、2021年春に復活しました。
 しかし、コースマップには記載されていません。

ディスカバリー
 北エリアから中央へリアへの連絡通路です。
 現在は雪上車や、雪景色遊覧ツアーのスノーモービル用通路となっています。

第5問の回答

答えは、制振装置です。

この装置が設置されているゴンドラとリフトは、風向きによって横風が強く当たる場所にあります。

最後に

何問正解出来ましたか?

まだの方は、石打丸山クイズにも挑戦してみてくださいね。

 

超難問、石打丸山スキー場 クイズ! はこちら

コメント