飛ばしてます! パフパフ パウダー、ヤマボク ワイルド スノーパーク

スキー場 国内

知る人ぞ知るパウダースキー・スノーボードのメッカ、ヤマボク ワイルド スノーパークが今シーズンも飛ばしています。

昨シーズン、ホームページをスタイリッシュなデザインにリニューアル、パウダーを前面に打ち出した営業を展開しています。

最安値のシーズン券?

そして、今シーズンのプロモーションの第一弾は、なんと早割でシーズン券が10,000円(税抜)!

3回行くと元がとれる価格です。

https://yamaboku.co.jp/post-5561/

10月に購入すると1日券10枚つづりの半額という驚異の価格設定です。

  シーズン券1日券10枚綴り
10月1日~31日¥11,000(税込)¥22,000(税込) 
11月1日~30日¥22,000(税込)¥27,500(税込) 
12月1日~¥25,300(税込)¥30,800(税込) 

 

ヤマボク ワイルド スノーパーク

志賀高原熊の湯スキー場の隣、笠岳の西側に位置するパウダースノーエリアにあります。

冬になると熊の湯からの道は閉鎖され、長野方面からのみアクセス可能となります。

以前は、山田牧場スキー場と言われており、名前の通り夏は牧場です。

私にとっても思い出の深いスキー場で、ヤマボクに行く途中にある山田温泉キッズパーク(旧山田温泉スキー場)と共に、子供たちのスキーの練習場所でした。

ヤマボクは非圧雪エリアが多いので、子供たちを掘り出すのに苦労しのも思い出です(笑)

パウダー天国

この一帯は上質なパウダーが降るエリアで有名です。

日本海で発生した雨(雪)雲が北西の風に乗ってやってきますが、最初に妙高の山々にあたり重たい雪を落とします。

そして、ヤマボク、志賀高原一帯にたどり着いた雨雲は乾いたパウダースノーを降らすのです。

ひとつだけ残念なことがあるのですが、ヤマボクに向かう道は狭く急勾配です。

大雪が降ると除雪が間に合わず、開通が昼頃になることもあります。

THE DAY を狙う人は、大雪の予報があると、ゲレンデ前の宿に前泊するとかしないとか(笑)

宿の数も少なく、麓からスキー場に登れないので、ゲレンデ内で1日中パウダーを堪能できること間違いなしです。

スペシャル キャット プログラム

山麓の山田温泉からヤマボクへ通じる道は二本あり、一方は冬季閉鎖されています。

その道沿いをヤマボクから山田温泉に向かう道をタコチコースと言います。

上部は牧場で開けていてパウダーエリアです。

午前中はそのエリアを、キャット(雪上車)を利用して滑りまくり、午後は全長 13 km のタコチコースを下っていくツアーです。

平日はコースがクローズされており、毎週土曜日の開催なので、パウダースキーを満喫できる可能性が大変高いプログラムです。

最後に

ちなみに、ここの駐車場は大変狭く、ツアーバスもなく、宿も少ないのでゲレンデが混み合うことはまずないです。

まだ行かれたことのないパウダー好きの皆さん、今シーズンいかがですか。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました