スキーブーツの中はどうなっている?

スキー

普段はみることのできないブーツの中のお話をしたいと思います。

長いスキー人生の中で、試行錯誤を繰り返して今に至っていますが、これが正解というわけではなく、今の自分の滑りにあっているというだけです。

こんな人もいるんだ、というぐらいに聞いてください。

滑りのスタイル

目的に応じて道具も変わってくると思うので、初めに滑りのスタイルをお話しします。

私は、絵にかいたような一般ゲレンデスキーヤーです。

コブ好きで、コブの練習のために整地も滑ります。

ポールは、遊び程度に入ります。

バックカントリーもどきをしていたのは遠い昔です。

ブーツ

ソール(中敷き)を熱成形し、インナーはフォーミングしています。

もちろんカントの調整も行っています。

フォーミングに行き着いたいきさつは過去のブログをご覧ください。

ブーツに投資していますか? はこちら

足の指

「グー」の人と、「パー」の人がいますが、あなたはどちらですか?

私は「パー」派です。

常にリラックスをした状態で滑りたいので、指先になるべく力を加えないようにしています。

手だと分かりやすいと思いますが、緊張すると指を握りしめますよね。

また、指先を上げることにより、足首が締まりやすくなります。

靴下

薄手のものを使っています。

今は3足1000円でスーパーで売っている靴下です。

もちろん、脛までガードしてくれる、スポーツ用の靴下もいいと思います。

厚手の靴下はブーツの中で、足が動くので避けています。

寒さ対策として厚手の靴下を履くという話も聞きますが、私は厚さと保温性は関係ない気がします。

最後に

スキーブーツで固定されているので、足首や足の指は大きく動かせるわけではありませんが、滑りに影響を与えると思います。

いろいろ試してみて、自分にあったスタイルを見つけてみてください。

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント