スキーブーツの中はどうなっている?

スキー

普段はみることのできないブーツの中のお話をしたいと思います。

長いスキー人生の中で、試行錯誤を繰り返して今に至っていますが、これが正解というわけではなく、今の自分の滑りにあっているというだけです。

こんな人もいるんだ、というぐらいに聞いてください。

滑りのスタイル

目的に応じて道具も変わってくると思うので、初めに滑りのスタイルをお話しします。

私は、絵にかいたような一般ゲレンデスキーヤーです。

コブ好きで、コブの練習のために整地も滑る日々を送っていましたが、ここ数年は大回りの練習にいそしむようになりました。

ポールは、遊び程度に入ります。

バックカントリーもどきをしていたのは遠い昔です。

ブーツ

ソール(中敷き)を熱成形し、インナーはフォーミングしています。

もちろんカントの調整も行っています。

フォーミングに行き着いたいきさつは過去のブログをご覧ください。

ブーツに投資していますか? はこちら

足の指

「グー」の人と、「パー」の人がいますが、あなたはどちらですか?

私は「パー」派です。

常にリラックスをした状態で滑りたいので、指先になるべく力を加えないようにしています。

手だと分かりやすいと思いますが、緊張すると指を握りしめますよね。

また、指先を上げることにより、足首が締まりやすくなります。

足首

私は、可能な限り足首をリラックスさせて、足首が緩まないようにしています。

緊張すると足首が伸び、つま先立ちのようになり、板に重みが伝わらない気がします。

脛を強く前に押すことで、足首の角度をキープするという人もいますが、私はその対極です。

いずれにしても、板がたわむ位置に荷重するためには、足首の前傾角度が重要です。

靴下

薄手のものを使っています。

3足1000円でスーパーで売っている靴下です。

もちろん、脛までガードしてくれる、スポーツ用の靴下もいいと思います。

厚手の靴下はブーツの中で、足が動くので避けています。

寒さ対策として厚手の靴下を履くという話も聞きますが、私は厚さと保温性の相関関係は無いと思っています。

最後に

スキーブーツで固定されているので、足首や足の指は大きく動かせるわけではありませんが、滑りに影響を与えると思います。

いろいろ試してみて、自分にあったスタイルを見つけてください。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 私もパー派です。
    と言っても足の指と指に隙間はありませんが。
    身体が遅れたりする調子が悪い時は、最悪足の指が、つります。。。

    靴下も普段着用の厚め?程度なゴワゴワしない物です。
    こだわりと言ったら、ブーツの外まで履ける事と、やっぱり厚すぎない事かな。

    ブーツのインナーも厚いのは嫌いなので、狭めなタイプのブーツになっちゃいます。

    時々ブーツのパワーベルトまで見える状態で滑っているレーサーでは無い方を見るのですが、アッパーの中にズボンまで入ってる?のかなぁ?
    痛く無いのかなぁ?
    パウダーガードが被さって無いし、薄い靴下よりよっぽど冷たそう。

    • パワーベルトまで見えるのは凄いですね。
      始めのうちは、ブーツを履くことも、ウェアを着ることも分からないことだらけですよね。
      やさしく、教えてあげてください。

      • 先程はうっかりツッコミを入れるのを忘れてしまいましたが。。。笑

        ごく普通の一般スキーヤーは…
        ・スキー場が開かないから仕方なくクリスマスを家族と過ごす事。。。致しません!
        ・シーズンロッカーを借りる事。。。致しません!
        ・ホースの繋がったインナーを買って、ジッと耐えて立つ事。。。致しません!
        ・夏に板持って電車に乗る事。。。致しません!

        残念ながら滑らないと死んじゃう終わってる人ですね。。。笑

        • えっ、そうなんですか!?
          私の周りだと、普通なんですがww

  2. 私は靴下は少し高いですがXソックスですね。
    足の指はグーではないですが雪面を捕まえてるイメージです。

    • Xソックス、いいですね。
      足の指は人それぞれですね。

タイトルとURLをコピーしました