【滑走日誌22-11】今シーズン初上陸、吹雪でも安心、神立スノーリゾート

スキー場 国内

2022年3月6日(日)、全国的に大荒れの天気でした。

ガーラ湯沢スキー場が強風のため営業中止となり、振替で神立スノーリゾートに行ってきました。

神立スノーリゾート

神立は、コースの大半が山に囲まれた谷間にあり、風の影響を受けにくいスキー場です。

この日も、白板山山頂に向かうEリフト以外は減速もなく通常運転でした。

 

神立では、この写真を撮らないと、滑走許可がおりないと聞いて(笑)

コブ

振替として石打丸山、岩原、NASPAも選べましたが、神立を選んだもう一つの理由はコブを滑りたかったからです。

ここ数年、整地の練習に力を入れていたことや、体力の衰えなどでコブをあまり滑っていませんでした。

今シーズン、コブの裏を削る楽な滑り方の練習をしており、綺麗に整備された神立のコブで滑り込みをしたいと思っていました。

練習成果については、後日「練習日誌」に書く予定です。

オブジェ

今シーズンも撮影スポットにオブジェが置かれていました。

この日はあいにくの吹雪でしたが、青空をバックの写真をtwitterに投稿することをリクエストしています(笑)

ご存じだと思いますが、KSR:Kandatsu Snow Resort(神立スノーリゾート)です。

 

昨シーズンは、Cリフト降り場にあった巨大な雪ダルマ(?)がAリフト降り場(来場者が必ず乗るリフト)に移動していました。

お化粧直しの最中でした。

 

なんとこの雪ダルマ、反対側にも顔がついていました。

どちらが前なんでしょうか?

ゲレンデ

少し水分を含んだ春の雪が降り続き、スピードはあまりでません。

ホームページではコース名が無くなってしまいましたが、下のレストランから見上げてヘラクレスコースの左側、スーパーヘラクレスコースがオープンしているのを始めて見ました。

もちろん、記念滑走してきました(^^)

最大斜度40度の超急斜面なのですが、写真では斜度感が分かりませんね。

 

レストランから見える風景です。

 

帰り際には雲が薄くなり、視界が良くなってきました。

 

後ろ髪をひかれる思いでしたが、楽しい一日の思い出を胸に、林を抜け帰路につきました。

 

さようなら、また来るね (^.^)/~~~

 

 

【滑走日誌22-10】越後湯沢の超本気、観測史上6番目の積雪量、ガーラ湯沢スキー場 はこちら
【滑走日誌22-12】大荒れの土曜日、営業中止、リフト運休相次ぐ。そして日帰りガーラ湯沢スキー場 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました