初のコブレッスン受講時のメモを見つけました

スキー

先日、過去のメモを眺めていたら、初めてコブレッスンを受講したときのメモがでてきました。

たしか、JR SKI SKIの日帰りツアーで、少し料金を上乗せすると、半日スクールレッスンがついてきたと思います。

当時はコブが苦手で、また、あまり好きではなく、どうやって滑るか全く分からない状況でした。

コブレッスン

メモを見ると、2010年2月21日(日)とあります。

午前中はフリーで滑り、午後の常設コブレッスンに入りました。

その日は受講者が多かったようで、私を含め午後から入校した5、6名(?)は、午前から受講している人たちと別のクラスになりました。

骨折から4年後、スキーに復活して2シーズン目で、なぜ、コブレッスンを選んだか不思議です(笑)

今となっては、どのような意味で書いたか覚えていないメモもありますが、ほとんどの教えは忠実に守ろうとしています。

山回り
  • ターンの終わりに谷足に乗ったままずらす
  • 谷足を曲げてずらす(コブの中での斜滑降の時)
  • 低い姿勢でコブの中で斜滑降する時、谷スキー側にも体重を乗せる
  • コブの中でのターンの終わりに、かかとに体重を乗せて踏ん張るのは厳禁
  • コブを受ける時、力入れたらダメ(踏ん張ったらダメ)。踏ん張るのではなく、力を進行方向に逃がす
切替
  • コブを乗り越える時、重心は後ろ
  • 切替のとき前傾は厳禁。後傾する位で丁度良い。上体を前にかぶせるのは厳禁
  • 抜ける時、重心を上に解放しない
  • コブの平らな部分では、切り替わらない
谷回り
  • 切替の時動く(重心を谷に落とす)(注1)
  • 重心を谷へ落とすのはコブの入口に着くまで待つ(注2)
  • 重心を谷に落とすとは、谷スキーの角を外すこと(最低でも谷スキーの面で滑る)。そうするとスキーが勝手に回りだす
  • コブを削る時(斜滑降の時)、谷足を曲げながら谷足に体重を乗せる

注1:次の行と矛盾しますね。「切替の時」>>「切替後」 でしょうか。
注2:「コブの入口」>>「コブの出口」 でしょうか。

最後に

コブレッスンの受講中は分かっていませんでしたが、その時のインストラクターはモーグルの元オリンピック日本代表の方でした。

その後、何度もレッスンをしていただいたり、コブを滑っているところを間近で拝見したことがありますが、何もかもが異、目の保養になり、コブが好きになるきっかけになりました。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. コブの写真に萌えてました。。。

    所長さんはマメで、偉いですね。
    ちゃんとメモを取れるのも立派な才能ですから。

    この頃お子様からは徐々に見放されてた頃?ですか?
    家族を裏切り始めた頃?

    • 物忘れが激しいので、メモが必要なんです。
      このころは、まだ子供と一緒に滑っていました。
      ちょどよいリハビリでした。

      • 写真のコブもちょうどいい感じですねぇ。。。

        あと半年でハイシーズンよ!