激変! 福島県のスキー場運営会社

スキー場 国内

このオフシーズンに福島県のスキー場の運営会社が大幅に変わり、分かっているだけで7つのスキー場が新たな経営者を迎えました。

また、今シーズンの営業が気になるスキー場が2つあります。

スキー場数、利用者数

福島県には24のスキー場(注)がありますが、例年120~130万人の利用者があります。

年間1万人以上の利用者がいるスキー場は18か所あるのですが、その内7か所のスキー場の経営者が変更になりました。

7か所のスキー場の利用者数は合計で約50万人、全県の利用者の約40%にあたります。

注)昨年度営業したスキー場ですが、調査漏れがある可能性があります。

新旧スキー場運営者

一番の驚きは、昨シーズン福島県内で5か所のスキー場の運営を行っていたマックアースが完全撤退したことです。

同社はスキー場運営事業の整理を行っているようで、このオフに9か所の運営から撤退し、北海道、東北に運営スキー場がなくなりました。

一方、新たに3つのスキー場運営会社が誕生しました。

(株)みなみあいづ

会津高原たかつえスキー場を運営していた南会津町などが出資する第三セクターの会津高原リゾート(株)と、 会津高原だいくらスキー場を運営していた同町が出資する第三セクターのみなみやま観光(株)が合併してできた会社です。

会津高原南郷スキー場の指定管理者も引き受け(一昨シーズンはマックアース)、3スキー場の運営を一括で行うことになったようです。

この3スキー場の合わせて約30万人の利用者があり、県下最大のスキー場運営会社となりました。

(株) ISホールディングス

シーズンイン間近の10月後半に、会津高原高畑スキー場、裏磐梯スキー場、猪苗代スキー場をマックアースより譲り受け、スキー場事業に参入するという発表がありました。

同社は金融事業をメインとする会社でITとスキー場を融合するとうたっています。

3スキー場合わせて16万人前後の利用者がありますが、大半は猪苗代スキー場の利用者です。

国設沼尻スキー場

4月に新体制になったと発表がありました。

沼尻スキー場の運営会社の(株)オーディエンスサービスに変更はないので、同社の親会社がマックアースから変わったと思われます。

HPもリニューアルされ、気合が入っています。

イナパスに異変

イナパスとは一般社団法人 猪苗代観光協会が発行する「猪苗代町全スキー場共通シーズン券」です。

昨シーズンは全6スキー場で滑走可能だったのですが、今シーズンはスキー場の数が4つに減っています。

しかし、今まで通り「全スキー場共通」と表記しています。

一般社団法人は公益性がなくても設立は可能ですが、町の観光協会が特定のスキー場のみを排除することは考えにくいので、含まれていない2つのスキー場の今シーズンの営業が心配です。

ちなみに、日本で最も多くのスキー場を滑れる、長野県共通リフトシーズン券の発行元も一般社団法人です。

最後に

今オフは全国でスキー場運営者の変更、スキー場の廃止・営業中止などいつになく動きの大きい年になりました。

スキー場の運営母体の財務基盤が強固になり、よい方向にすすんでいくことを願っています。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 今朝は所長さんがウロウロされている付近の山も白くなったようですね。

    猪苗代スキー場、最近はご無沙汰してますが、昔はちょこちょこお邪魔してました。
    降雪機がズラりと並んでいた記憶がありますが、近年は使って無いのかな?
    それとも力を発揮できない程暑いのかな?

    猪苗代湖がすごくキレイ(デカイ)で、素晴らしいスキー場です。
    凸凹の名物コース(エグ過ぎて私は撃沈。涙)に、広い斜面。
    凸凹好きで大回りを頑張る所長さんには最適な環境ですのでいかがですか?

    • 下越から会津は近いですよね。
      写真でしか見たことはありませんが、景色がいいスキー場ですね。
      機会があったら行ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました