総合滑降復活記念! 役に立たない、スキー1級合格記(笑)

スキー

2020年7月8日、1級検定の検定種目の横滑りが総合滑降に変更されました。

遠い昔の話ですが、私、1級に2度合格しています。
2級受験時と違い、すんなりと合格できたいので、これから検定を受ける方のお役には立てませんが、そんなこともあったんだなと、なまぬるくお読みください。

2級検定体験記は、検定合格を目指されている方にお役に立てる部分があると思います。
受験者に夢を与える、スキー2級検定合格記 はこちら

スポンサーリンク

1級検定 1回目

受験日 :1993年12月26日
会場  :黒姫高原スキー場(現:黒姫高原スノーパーク)
ゲレンデ:コスモス(?)
検定種目:総合滑降、大回り、小回り、横滑り

今でも続いている、宿泊、リフト券、レッスン料、検定料がセットになった、スキー検定パックを利用して受験しました。
時はバブル絶頂期から数年後、まだまだスキーブームが続いていて受験者も多かったと記憶しています。
当時は土曜日に一人で宿泊することが難しかったのですが、検定パックだと相部屋で泊まることができました。
黒姫高原スキー場と呼ばれており、今でもゲレンデマップに残っている上部の白い部分にシングルリフトが掛かっていました。
検定バーンはコスモスコースともう一か所使ったような気がしますが、記憶が定かではありません。検定種目に横滑りがあったことだけは覚えています。
それまでは、検定種目にゲレンデシュプルング(ゲレシュプ:ジャンプ)があり、怖くて受験することをためらっていたのですが、横滑りに替わり喜んだ記憶があります。

結果

総合滑降:70点
大回り :70点
小回り :70点
横滑り :70点

オール70点、点数は覚えていますが、滑りは全く覚えていません(笑)

スポンサーリンク

1級検定 2回目

受験日 :20年ぐらい前、12月(年末)
会場  :菅平高原スキー場(現:菅平高原スノーリゾート)
ゲレンデ:裏太郎ゲレンデ シーハイルコース
検定種目:総合滑降、大回り、小回り、不整地小回り

(上達が無く)スキーに飽きて、滑るのことをやめていたのですが、同僚ではまっている人がいて、車で送迎するから行こうと言われて再開しました。
その時、同僚がカービングスキーを履いていて、借りて滑ったときに衝撃を受けました。
いきなり上達した気がして、またそれまでの苦労は何だったんだろうと思えました。
その後、年数回行く程度のレジャースキーを楽しんでいたのですが、今の実力はどんなもんかと思い、正月休みに検定を行っていた菅平で受験しました。
2度目の受験なので落ちるとは思っていませんでしたが、当時、コブは苦手だったので、少しだけドキドキです。
事前講習は私を含めて2名、もう一人の方はなんとツインチップ(フリースタイル用)でした。
2人とも緊張感はあまりなく、講習も和気藹々と進みました。
スキー場にコブはなく、小回りを行った後に同じところで不整地小回りを行うことを教えてもらい一安心、小回りは一本滑ったら、もういいよねと言われ、ずっと大回りのレッスンでした。

結果

総合滑降:71点
大回り :70点
小回り :72点(71点だったかもしれません)
不整地小回り :72点

大回り以外は1、2点加点でした。
逆に言うと、10年間、大回りは進歩しなかったんですね(涙)
今でも大の苦手です。
ツインチップの人も、小回り、不整地小回りで加点をして合格をしていました。

最後に

たんなる思い出話にお付き合いいただき、ありがとうございます。
ここからが、苦難の道のりの始まりということを、この時は知る由もありませんでした(笑)

ちなみに、サムネイルの左側が1回目、右側が2回目の合格バッジです。

 

【初回、2回目】現実が分かっていなかった、テクニカル受験記 はこちら
SAJ、SIAスキー検定(バッジテスト)のまとめ はこちら

ランキングに参加しています(^^)
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログへ     

スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント