零下30℃のスキー場 Lake Louise Ski Resort

スキー

寒波の話題をよく聞くようになったので、過去のブログを加筆・修正しました。

零下30℃のスキー場

気温が下がってくると、手先、足先など体の末端に血が通わなくなり感覚が無くなってきます。

本当に危険な状態なので、そのような状態では決して滑ってはいけません。

と、言いながら零下30℃を下回る気温で何回も滑ったことがある私が凍える話をさせていただきます。

実は私、はるか昔ですが、カナダでスキーガイドをしていました。

海外スキーを経験されたことがある方であればご存じだと思いますが、現地のスキー場でガイドをしながら一緒に滑る人です。

その、恐ろしい寒さはレイク ルイーズ スキー場での体験です。

寒波は一日で終わることはなく、長い間続きます。

ゲレンデに立った瞬間にやばいと感じます。

完全装備をしていても、凍傷は避けられません。

そんな気温の時に地元の人は滑りません。

しかし、はるばる日本から来たスキーヤーの方は、そのような状況の中でも滑るのでガイドをさせていただきます。(当時、スノーボーダーは稀でした。)

楽しみにしていた海外スキー、滑りたい気持ちはよく分かります。

でもね、本当に寒いんです。

私が一番注意していたことは、女性のイヤリングです。

どんなにいやがっても、説得して絶対に外していただきました。

どうしてかって?

帽子などで保護をしていても凍傷になり、耳たぶが倍以上に膨れ上がります。

誇張は一切ないです。

零下30℃とは、そういう寒さです。


“Lake Louise_106” by kyle w lane is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

スキーガイド

私はシャトー レイク ルーズという、カナディアンロッキーで最も有名なホテルに宿泊されているお客様を、レイク ルイーズ スキー場でガイドする担当でした。

ホテルからスキー場まではシャトルバスを利用し、事前にリフト券は購入済で、ゲレンデに着くと早速リフトに乗ります。

海外スキーに来る方々なので、上手い方がほとんです。

滑りたくうずうずしているのがよく分かります。

しかし、リフトを降りた後、ゲレンデを案内する風を装い、レストランがある方向に滑っていきます。

そこで、休憩するかどうかを聞きます。

リフトと滑っている時間併せて、20~30分ぐらいだと思います。

私の経験では100%、みなさん、そのままレストランに入ります。

そこでは、ブーツを脱いでもらいます。

なぜかって?

ブーツを脱いで指先を温めないと、感覚が戻らないからです。

指先に血が通ってくると、やっとどのくらいの寒さだったのか実感できます。

そのまま、1時間ぐらいは休憩です。

そうはいっても、日本からわざわざカナダまで来ているので、滑りたくてうずうずされています。

次の1本を滑って、また1時間休憩です。

零下30度のスキー場そんな感じです。

 

明日に続きます。

続 零下30℃のスキー場
昨日に続き、零下30℃のスキー場のお話です。 最後に後日談を載せています。 まだの方は先に、こちら をお読みください。 よく当たる天気予報 北米大陸の天気予報は大変良く当たります。 前線は西から東に移動し、いつ雪が降るか予想が容易...

コメント

タイトルとURLをコピーしました