スキーブランド どこの国の企業が所有?

スキー

日本のスキーブランドでは、小賀坂、ID Oneなどが有名ですが、世界には数多くのスキーブランドがあります。

外国製のスキーを履いている人も多く、その板がどこの国のメーカーかはよくご存じだと思います。

しかし、製造メーカーの親会社がどこの国の会社か、知らない人も多いのではと思いクイズにしてみました。

問題

次のスキーブランドを所有している会社はどこの国の企業でしょうか。
(スキーを製造している会社の親会社(含む親会社の親会社))

Atomic(アトミック)

Blizzard(ブリザード)

Dynastar(ディナスター)

K2(ケーツー)

Rossignol(ロシニョール)

Salomon(サロモン)

Völkl(フォルクル)

(ABC順)

ヒント

(空欄を入れています)

 

 

 

 

 

この5ブランドの親会社(含む親会社の親会社)は次の国の企業です。

アメリカ、イタリア、スウェーデン、中国

(五十音順)

答え

(空欄を入れています)

 

 

 

 

 

Atomic(アトミック)/Salomon(サロモン)

答え:中国

アトミックは、1955年創業のAtomic Austria(オーストラリア)で製造されています。

そして、サロモンは、1947年創業のSalomon Group(フランス)で製造されています。

両社の親会社は、Amer Sports(フィンランド)で、その親会社がANTA Sports(中国)になります。

Blizzard(ブリザード)

答え:イタリア

ブリザードは、1945年創業のBlizzard Sport(オーストリア)で製造されており、親会社はNordicaブランドなどを持つをTecnica Group(イタリア)です。

K2(ケーツー)/Völkl(フォルクル)

答え:アメリカ

フォルクルは、1923年創業のVölkl Ski International(ドイツ)で製造されています。

そして、ケーツーは、1964年創業のK2 Sports(アメリカ)で製造されています。

両社の親会社は投資会社のKohlberg & Company(アメリカ)です。

Rossignol(ロシニョール)/Dynastar(ディナスター)

答え:スウェーデン

ロシニョールは、1907年に創業されたSkis Rossignol(フランス)で製造され、投資会社のAltor Equity Partners(スウェーデン)とBoix-Vives ファミリーの共同所有です。

ディナスターは、1969年にロシニョールに買収されています。

最後に

いくつ正解されましたか?

2019年に中国企業がアトミックとサロモンブランドを持つアメヤスポーツを買収したニュースは衝撃的でした。

世界的にウインタースポーツは堅調ですが、スノーボードの台頭があり、スキー人口は激減しています。

日本でもスキー板のメーカーの淘汰が進んでいますが、世界的に見ても厳しい状況が続いているようです。

今後、更なるブランドの統合が進むかもしれません。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 効率化して共存して頂ければ良いけど。。。
    親会社が同じあのブランドとこのブランドのブーツは今年からデザインが違うだけですってのは嫌だなぁ。

    アメヤの2つのメーカー?ブランド?もワックスかけていると、色々と同じなんだなぁって思います。。。
    トップとテール付近はアイロン当たらないし。
    他のメーカーと比べるとエッジが細いし。
    先にビンディングの名前を揃えないのかねぇ。

    メーカーが極端に少なくなって、同じ板ばかりでどれが自分の板だかわからなくなる、なんて事だけは嫌っす!

    • どこのメーカーも同じ製法で作っているので、一般の人には値段(材料)の違いしか分からなくなってきた気がします。
      そうすると、コスメティック(化粧)の違いが、唯一の差別化要因がなくなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました