観測史上 最も早い初雪!(が降った日)

その他

57年前の今日、1963年7月31日は観測史上最も早い初雪が富士山に降った日です。

しかし、よくご存じの方は、もっと早く富士山では雪が降るよ、と言われるかと思います。

そう、その通り。

富士山では、年中雪が降っており、5月、6月にも雪は降ります。

私が人生一度の富士登山を行った日は、8月の「大雪」の日でした(笑)

初雪とは

では、なぜ7月31日が一番早い初雪と言われるのでしょうか。

それは、初雪とは同じ観測地点で最も気温が高かった日の後に降る雪、という定義だからです。

なので、初雪が降ったと報道があっても後日訂正されることがあります。

先ほどお話しした私が登山した日は初雪、初冠雪だったのですが、その後最も気温の高い日があったため訂正されていました。

しかし、冬の訪れを知らせる富士山の初雪は、2004年9月30日に富士山山頂の有人観測所(富士山測候所)歴史に幕が降りたことにより発表されることはなくなりました。

代わりに甲府地方気象台が初冠雪を発表するようになりました。

冬の訪れを感じる言葉

ただただ冬が待ち遠しいので、冬を感じる言葉を並べてみました。

【初雪、初冠雪】   の他にも冬を感じる言葉はたくさんあります。

【紅葉、木枯らし一号】秋が深まってくることですね。

【霜月】       11月の別名です。

【初霜、初氷】    平地での冬の訪れを感じます。

二十四節気

暦の上では、あと1週間ほどで秋です。

【立秋】りっしゅう:今年は8月7日(金)です。

【処暑】しょしょ :ちょっと夏に戻ってしまいました(>_<)

【白露】はくろ  :植物の葉に朝露がつきはじめるころ。

【秋分】しゅうぶん:団子のおいしい季節です(笑)

【寒露】かんろ  :さむさを感じはじめますね。

【霜降】そうこう :霜が降りはじめるころ。

【立冬】りっとう :もう冬です。

【小雪】しょうせつ:天然雪のスキー場がオープンするころ

【大雪】たいせつ :たくさんのスキー場がオープンするころ

【冬至】とうじ  :ほとんどのスキー場がオープンするころ

最後に

明日から8月。

あと、2か月半ぐらいで人工雪のスキー場がオープンです。

もう少しの辛抱です。

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント