Lego(レゴ)で創る、芸術的なリフト、ゴンドラ、ロープウェイ ベスト3 

その他

子供のころ、Lego(レゴ)で遊んだことはありますか?

世界には、レゴで芸術的なリフト、ゴンドラ、ロープウェイを創る人々がいます。

その中で、私の選んだベスト3をご紹介します。

Lego(レゴ)

ご存じの方も多いと思いますが、簡単にレゴのご紹介をします。

レゴは、プラスチックス(ABS樹脂)で出来た、様々な形のブロックを組み立てる遊びです。

ギアとモーターやバッテリーを組み合わせて、車のような動く物を作ることもできます。

東京大学のレゴ部は有名で、各所で作品を発表しています。

これから紹介するリフト、ゴンドラ、ロープウェイは、ロープを除き(たぶん)ほぼ市販の部品で創られていると思われます。

第3位

ペアリフト
固定式

自宅の1階と2階を結ぶ、長大なロープウェイです。

縮尺を変えれば、本物のリフトのように見えますね。

最後に、高速負荷テストを行うなど、マニアですね。

第2位

ゴンドラ
デタッチャブル

中間駅を備えたデタッチャブル(乗降車時に減速する)ゴンドラです。

ロープからゴンドラが外れ、低速で移動した後にまた高速移動に移る滑らかさが感動的です。

第1位

ロープウェイ
タラップ 自動設定
ドア 自動開閉

重たいゴンドラが急角度のロープを登っていくところもさることながら、乗降時にロープウェイを左右から固定して、扉が開くところが見事です。

その部分をもっとクローズアップしてほしかった。

最後に

小学生のころレゴが大好きで、いつも何かを作って遊んでいました。

その時のワクワクが忘れられず、今でもレゴの作品が大好きです。

加えて、ギミックいっぱいの索道、見ているだけで楽しくなります。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. す、すごい。。。
    私的には可変機構のゴンドラがツボです。
    変速部分でギクシャクしてないところに苦労を感じます。
    これずっと見てられますね。。。

    今日はスキー場地帯より手前の錦鯉がいっぱいいる付近へ。
    小高い山の上は3センチから5センチ位積もってました。

    スキー場地帯へのお仕事は年内にあと1回位かな?たぶん。。。涙
    今の時期はまだ良いです。
    シーズンアウト直後は拷問ですね。
    もう雪は無い、シーズンは終わったと言い聞かせているのに
    目の前にドンと…
    それもあってか、なんとなくそっち方向は好んで行かないです。
    スキーに限らず100キロ以上走っても遠出した気にならないです。
    家族は楽しんでいる様ですが。。。
    ま、150キロ走ってもまだ自分の県ですがね…

    • どれも、ものすごく完成度が高いです。
      何度も試行錯誤を繰り返したんでしょうね。

      来週から暖かくなりそうですね。
      本格シーズンインがクリスマスになりそうです(>_<)

タイトルとURLをコピーしました