独断と偏見で選ぶ、スキー場グリーンシーズンのアトラクション ベスト3

その他

近年、グリーンシーズンに力をいれるスキー場が増えてきました。

白馬岩岳スノーフィールドのように、既にグリーンシーズンが冬の利用者を超えたスキー場もあります。

グリーンシーズンが盛り上がると、より多くの正社員を雇うことができ、優秀な人材を集めることができるようになります。

さて、今回はグリーンシーズンに行われるアクティビティの中から、これぞスキー場というものトップ3を独断と偏見で選んでみました。

 

スキー場から、スキー「も」できるリゾートへ、白馬岩岳スノーフィールド はこちら

選定基準

重要視したポイントは、スキー場の特徴を生かしたアクティビティであることです。

利用者数としては、圧倒的に観光ゴンドラ・リフト、付随する散策、お花畑が多いのですが、当たり前すぎるので選考から外しました。

あくまでも、私の独断と偏見なので、異論は認めません(笑)

トップ3

第3位 パラグライダー/ハンググライダー

空中に飛び上がるために助走をつける必要があり、斜度のある開けた場所が必要です。

また、ゲレンデは山にあるので、上昇気流が生まれやすい環境です。

そして、着地には、開けた場所が必要で、ゲレンデはうってつけでです。

木島平で経験をしたことがありますが、地上うん百メートルから眺める視界は格別でした。

 

公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟 はこちら

第2位 マウンテンバイク

ゲレンデの中、あるいはゲレンデ横の林の中を、MTBをコントロールしながら颯爽と駆け抜ける爽快感があります。

海外では、MTBを取り付けるためのグリーンシーズン用の搬器がついたゴンドラやリフトがあります。

自力でペダルを漕ぐことも楽しいと思いますが、斜面を下ることも楽しみが多そうです。

第1位 ジップライン

私の選ぶスキー場グリーンシーズンのアクティビティ第1位は、ジップラインです。

ジップラインには、空中を滑空するのでスタート地点とゴール地点の高低差が必要で、かつその間が開けている必要があります。

これは、まさにゲレンデではないですか。

海外では、冬のアクティビティとして行っているスキー場もあります。

ゲレンデ脇のツリーアドベンチャーとの相性も良く、これからもっと増えてくるのではないでしょうか。

スイス グリンデルワルト First Flyer
お忙しい人は、2分6秒あたりからどうぞ

番外 サマーゲレンデ

ピスラボの普及とあいまって、サマーゲレンデが増えてきました。

ゲレンデにマットを敷くことにより、シーズンインの雪付きがよくなり、かつ春も長く営業できます。

ガーラ湯沢では、営業中のサマーゲレンデ以外にピスラボを敷いて、その長さはサマーゲレンデの倍以上です。

このように、スキー場の一部ともいえるので、選考から外しました。

最後に

グリーンシーズン営業として多いアクティビティとして、キャンプ場、オートキャンプ場、ゴルフ場などがあります。

これらのアクティビティは、斜度のあるゲレンデとの相性が悪く、多くの場合はスキー場に隣接する場所で行われるので、選定から外しました。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました