バックカントリーに朗報!? アマゾンのドローン特許が成立

その他

先月、米国アマゾン社が出願していたドローンにけん引されながら、ドローンを操縦するハンドルの特許が米国で成立しました。

  • 特許    :Tow control handle for unmanned aerial vehicle
  • 出願者   :Amazon Technologies, Inc.
  • 米国特許番号:US 10,745,132 B1
  • 成立日   :2020年8月18日

有名なので、ご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが、イメージ映像です。

ワクワクする映像です。

この映像はゲレンデでの利用を想定していましたが、その他の利用シーンを考えてみました。

プライベートゲレンデ

まず思い浮かんだのがプライベート(貸し切り)ゲレンデでの利用です。

日本には200を超えるスキー場の跡地があります。

リフトは撤去されていますが、植林が行われていないところも多くあるので、そのような場所を貸し出してプライベートゲレンデとして楽しんでもらえそうです。

新雪が降ったとき限定で、パウダースキーを楽しめるゲレンデとして売り出すのもありですね。

バックカントリー

少し玄人向けになりますが、今までシールを着けて登っていた場所を、ドローンの力を借りて移動することにより、体力を温存でき行動範囲を広げることができるようになります。

日本の場合、山奥まで道路が通っている場所も多いので、夏道を使って移動することも可能です。

山の中で、ドロップインを何度も楽しめそうです。

また、海外では森林限界より上部での登坂に威力を発揮すると思います。

水上スキー

大本命は水上スキーかもしれません。

湖などの波静かな場所であれば、水上バイクの代りにドローンが牽引してくれれば、一人で楽しむことができます。

最後に

商品化されれば、利用者がいろいろな用途を考え付きそうですね。

ワクワクしてきました。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました