今シーズンの注目 野沢温泉スキー場

スキー場 国内

これからシーズンインまで、順次、注目のスキー場を紹介していきたいと思います。

栄えある第一回は野沢温泉スキー場です。

(第二回があるかどうかは不明です(笑))

野沢温泉スキー場の現状

今シーズンは、例の病気の影響で利用者数は落ち込みましたが、毎年利用者数を伸ばしていた数少ないスキー場です。

もちろん、まだまだバブル絶頂期に比べることはできませんが、関係者の努力で明るい未来が見えてきているようです。

2018/19シーズン、全国第5位の利用者数を誇る野沢温泉スキー場ですが、リフトの老朽化は深刻です。

全20のゴンドラ、リフトの運行開始からの平均年数は約30年で、整備(維持)費が年々増加しています。

全国のスキー場の中では恵まれた環境下にあってもこの状況なのは、構造的な問題もあるような気がします。

長坂ゴンドラ

このような状況な中、約30億円をかけて長坂ゴンドラの架け替えを行っています。

いままでは路線は屈曲していて中間駅がありましたが、今回の建て替えで山頂まで一直線になります。

ゴンドラ建設をHPで更新しています。

貴重な映像なので、ぜひご覧ください。

新長坂ゴンドラができるまで

北信州 野沢温泉スキー場 グリーンシーズン
長野県野沢温泉村の100%天然雪のスキー場。コース・ゲレンデ数は36もあり、その約40%は初心者向けのゲレンデです。初めてスキー、スノーボードをされるお子様も安心なファミリーレーンもございますので、ぜひ皆様で楽しくご利用ください。

ちなみに、全国で、今シーズンのゴンドラ建設は、ここ野沢と志賀高原の2か所だけです。

ニセコHANAZONOリゾートもゴンドラの新設を予定していたのですが、ヨーロッパから技術者の来日が難しくなり、今シーズンの導入をあきらめました。

最後に

私にとっての野沢温泉スキー場は、大学1年生の時、体育の授業でスキー実習を行った思い出の地です。

スキー実習は人気があったのですが、運よく抽選で当たりました。

このことがスキーにのめりこむきっかけになったことは間違いないと思います。

久しぶりに行ってみたくなりました。

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 立地が極端に恵まれている訳でもなく、白馬や志賀高原の様にスキー場地帯でも無いのに頑張ってますよね。
    今年は人工降雪機も6機?導入だそうです。

    私の野沢温泉スキー場の印象は、商用車がタイヤ部分にキャタピラ付けて、ゲレンデを走っていく姿。
    春に色白の外国?のお姉さん?が腹出してタンクトップで滑ってる姿です。
    いくら春でもお腹冷えないのかなぁ?
    シャバシャバ雪がお腹に飛んで来ないのかな?
    この2つは色んな意味で、二度見・ガン見しちゃいました。

    • 村で最大にして唯一の観光資源であるスキー場なので、一致団結して魅力向上に努めているからだと思います。
      タンクトップ姿、私も見たかった(笑)

      • 露出部分多めな今の時期なら何とも思わない?と思いますが、露出部分がほぼ無い事に慣れた春は、新鮮でした!

        素晴らしいところなんで是非。。。笑