超簡単! 陸上でコブの滑りを体感

スキー

整地では爽快に滑っているのに、コブに入ると別人になる人を見かけませんか。

そんな方々の特徴として、恐怖のあまり(?)普段であれば絶対に行わない動きをしています。

今日は、陸上で誰にでも簡単できる、コブの滑りを体感する方法をご紹介します。

コブを滑るイメージ

近所を探して、飛び降りることを少し躊躇するが、飛び降りれる高さの段差を見つけてください。

高さとしては、だいたい 50~100 cm ぐらいでしょうか。

まったく、恐怖を感じない段差では意味がありません。

そこから、飛び降りてください。

ジャンプ!

はい、それがコブを滑るイメージです。

図で、もう少し詳しくお話しします。

(1)段差の上で立っている状態です。

   足の前半分は空中にでていると思います。

(2)高いところから降りるときは、飛び上がらずに、屈みながら上体を前に倒していきます。

   十分前傾し足が軽くなったところで、足が離れ、伸びながら体の下に戻します。

(3)足が伸びた状態で着地し、屈みながら衝撃を吸収します。

これがまさにコブの中の動きです。

コブで行わない方が良いこと

先ほどの段差の上にもう一度立ってください。

あなたは、飛び降りるのが少し怖いと感じています。

その時に、垂直飛びのように、いったん飛び上がりますか?

怖いときにそんなことをする人はまずいないですよね。

足をたたんで、なるべく低い状態から飛びますよね。

しかし、コブに苦手意識のある多くの方は、ここで飛び上がっているのです。

実際には雪面から板が離れることはありませんが、重心(腰)が上に移動して、より高い位置から次のコブに入って行っています。

それでなくても怖いのに、自分でより怖い状態にしているのです。

最後に

屋内だと、椅子の上から飛び降りのがちょうどよいのですが、気を付けてくださいね。

椅子の片方に体重をかけると、椅子ごと倒れてしまいます。

#はい、私のことです <m(__)m>

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント