上達が早い人の特徴

スキー

長く生きているので、今まで多くの人をゲレンデで見てきましたが、上達の早い人には特徴があるので、その特徴を共有したいと思います。

この条件が当てはまるのは、ある程度歳をとってスキー・スノーボードを始めた人です。

10代の方は上手い人と一緒に滑っていれば、あっという間に上達するので、ガンガン滑ってください(笑)

#私は、普通のサンデースキーヤーでイントラではありません。
 ホームゲレンデで、長い間顔を合わせている方々のお話です。

好きこそものの上手なれ

上達のためにはスキー・スノーボードが好きなことが絶対条件です。

このブログの読者の方にとっては当たり前のことなので、低いハードルです。

毎年、10日以上スキー場に足を運ぶ人であれば、条件クリアです。

#私の周りには、年間数十日かつ何年もスキー場に通い詰めている人だらけです(笑)

練習熱心

とにかく練習熱心です。

朝一番から、営業終了時間まで滑っています。

そして、ただ滑るだけではなく課題に取り組んでいます。

メモをとる

スクールで習ったこと、上手い人に教えてもらったこと、気が付いたことなど、こまめにメモをとっています。

中には、ゲレンデにメモを持参している人もいます。

携帯電話にメモをとり、帰宅後ノートに清書している人もいます。

自分の言葉にする

私が最も重要なことだと思っていることが、この自分の言葉にすることです。

たとえデモの指導であっても、言われた通り行うだけでは上達に時間がかかるかもしれません。

言われた内容を、なぜそうしなければいけないか、なぜそうなるかを考え、自分で消化するする必要があると思います。

上達が早い人は、この部分がしっかりしています。

言葉だけとらえると、相反することを言われたとしても、実は同じことを指摘しているということはよくあります。

自分の言葉にする(消化する)ことが大変重要です。

最後に

個人的には、上記に加えてオフトレ(屋内でのトレーニング)が超重要だと思っています。

静止状態でできないことが、滑りながらできると思えません。

 

いろいろな考え方があると思うので、一つの意見として聞いていただければ幸いです。

コメント

  1. 陸上でのトレーニングの重要性は佐々木明さんが全く同じことを言ってました。陸上で出来ないことは雪上では絶対出来ないと。自分も試行錯誤しながらオフトレやってます。

    • adaさん、コメントありがとうございます。
      天下の佐々木明さんが言うのであれば、間違いないですね(^^)。オフトレ、頑張ってください。