5月21日にパウダー 40 cm、標高は正義Arapahoe Basin

スキー場 海外

2022年5月21日、米国コロラド州のArapahoe Basin(アラパホ ベイスン)で、40cmの新設が降りました。

それも、ご覧のようなパフパフの新雪です。

この季節外れの大雪に、スノーヤーは大喜びです。

 

0:40~:リフトオープン前の大行列とファーストトラックダッシュ
2:00~:パウダー、ヤッホー
2:30~:再び大行列

 

公式のtwitterです。

Arapahoe Basin(アラパホ ベイスン)、米国コロラド州

米国コロラド州の州都デンバーから東に約70km、北緯39度64分にあるアラパホ ベイスンは、日本で言うと田沢湖スキー場や雫石スキー場よりやや南に位置します。

しかし、標高はベースで 3,286 m、現在オープンしているリフトの降り場は 3,790 m で富士山山頂(3,776 m)より高い位置にあります。

ゲレンデマップに描かれている場所としては、Lenawee Mountain 山頂の 4,205 m までスキー場のエリアのようです。

例年6月初旬まで営業をしており、過去最も遅い営業終了日はなんと1995年8月10日でした。

そして、降雪機導入後の最長営業期間は、2018年10月19日から2019日7月4日までの259日間だそうです。

氷河が無いスキー場でこのシーズンの長さは凄いですね。

HP 

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 海外
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. すげぇなぁ。
    シーズン長くてうらやましい。。。涙

    このスキー場、ハイシーズンはどの位冷えるのかなぁ?
    フード無しリフト寒いだろうなぁ。。。

    立派な森林もビックリです。

    • 標高を考えたら、とてつもなく寒そうですね。
      春だけ、お邪魔したいですww

タイトルとURLをコピーしました