復活なるか!? リフトやゴンドラの旅客が皆減した都道府県、鉄道輸送統計調査報告書

その他

2021年9月21日、2020年度の鉄道輸送統計調査報告書が公開されました。

同報告書の中には、ロープウェイ・ゴンドラ(普通索道)とリフト(特殊索道)の利用者(旅客)数が掲載されているので、見ていきたいと思います。

普通索道と特殊索道

普通索道と特殊索道について簡単にご説明します。

普通索道とは、ロープウェイ、フニテル、ゴンドラなど、ワイヤーロープから吊るされた搬器が輸送中に密閉されているものです。(窓が開くものを含む)

特殊索道とは、リフトのことで、ワイヤーロープから吊るされた搬器が輸送中に開放されているものです。

ロープトゥなど人を雪上で牽引する装置は、索道に含まれません。

また、これらの旅客数はスキー場のグリーンシーズンや、箱根ロープウェイや高尾山の観光リフトなどのスキー場以外の索道も含みます。

ベスト10

そうは言っても、大半の旅客はスキー場の利用者です。

グリーンシーズンの観光リフトの利用は、多くても1日に1往復ですが、スキー場だと数十回乗車することも珍しくありません。

ちなみに、回数券の販売が無いスキー場でもリフト乗り場で乗車人数を数えるのは、法律で報告義務があるからです。

 

それでは、ベスト10です。

ほぼ、スキー場の利用者数の順位と同じですね。

スキー場が無い県のトップは、19位の神奈川県で合計2,392千人の旅客数がありました。

箱根やよみうりランドの利用者が多かったと思われます。

順位都道府県普通索道
(千人)
特殊索道
(千人)
合計
(千人)
1長野4,02840,62044,648
2北海道3,45624,83428,290
3新潟2,29022,69624,986
4群馬1,21413,33814,552
5岐阜1,64711,12312,770
6兵庫8307,9618,791
7福島2236,9237,146
8滋賀1,1065,9727,078
9山形6165,4956,111
10広島4803,7524,232

リフトが無い県

2020年度には10府県でリフトの運行がありませんでした。

スキー場はあるがリフトがないのは、埼玉県、奈良県、高知県です。

一昨年までは埼玉県の狭山スキー場に2基のシングルリフトがありましたが、改修工事でマジックカーペットになりました。

奈良県のスノーパーク洞川と高知県の天狗高原スキー場(営業未定)は、ロープトゥのみのスキー場です。

香川県は、スノーパーク雲辺寺(夏営業は継続)が廃止となったため、リフトが無くなりました。

佐賀県は、天山スキー場が営業中止したため、旅客数が0になっています。

ロープウェイ・ゴンドラが無い県

2020年度には15都府県でロープウェイ・ゴンドラの運行がありませんでした。

スキー場はあるがロープウェイ・ゴンドラがないのは、福井県、愛知県、鳥取県、岡山県、佐賀県、熊本県、宮崎県の7県です。

豪雪地帯の福井県と鳥取県にゴンドラが無いのがは意外でした。

島根県は、瑞穂ハイランドが営業中止したため、旅客が0でした。

最後に

ちなみに、2020年度に索道の営業が無かったのは、大阪府、和歌山県、高知県、佐賀県の4府県でした。

いずれにしても、例年に比べ旅客数が激減しています。

今年の冬から、客足が戻ってほしいですね。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. これスキー場だとどうやって数えてるんでしょうねぇ?
    電子チケットとかだと、ピコンとやれば数出るんでしょうけど。
    スキー場はいちいち利用者を数えて無い。。。
    一日券だと、全リフト乗った事にするのかな?

    じゃないと例えば所長さん一人で一日20とか乗りますよね?
    20日で400よ。

    スノーヤーって「この時間ならあと○回リフト乗れる」って表現しますよね。
    これじゃあリフトに乗りたいから滑ってるのか、滑りたいからリフトに乗ってるのかわかりませんね。。。笑

    • スキー場では、リフトの乗車回数を数えていますよ。
      カウンターを手に持っている係員や、小屋の中で数えている人がいます。
      観察してみてください。
      本当に数えていなければ、そのうちリフト運行許可が取り消されると思いますww

タイトルとURLをコピーしました