スキー場が名称変更、その作業量は? Palisades Tahoe

スキー場 海外

この夏、日本でもお馴染みの米国カリフォルニア州にあるSquaw Valley Ski Resort(スコーバレー・スキーリゾート)が、Palisades Tahoe(パリセーズ・タホ)に名称を変更しました。

変更理由

スキー場の名前は、地名からつけられました。

しかし、「Squaw」には、先住民族のインディアンを侮辱する意味合いがあり、抗議を受け長らく論争になっていました。

今回、スキー場はその事実を認め、名称の変更に至りました。

名称変更

パリセーズ・タホは、リフト30基、58,000人/時間の輸送能力がある巨大なスキー場です。

スキー場の名前が変われば、サイン、グッツなど、多くのものの表示を変更する必要がありますが、そのリストが凄いことになっています。

ユニフォーム類

在庫分は一時的にパッチで対応、来シーズンから新規発注。

通常は毎年30~40%を新調しています。

  • ユニフォーム :32,000 着以上
  • アウターウェア:10,000 着
  • 帽子     :  8,300 個
  • その他の装飾品:  5,050 個
  • ネームタグ  :  8,800 枚
スキー場内のロゴなど

約5,000か所のロゴや標識の交換が必要で、そのなかでユニークなものをご紹介します。

  • トイレの個室にある「Share the Mountain」のサイン:~50 個
  • フニテル(ゴンドラ)の禁煙表示:  ~50 枚
  • 水飲み場のロゴ       :  ~25 個
  • ロッジのゴミ箱のロゴ    :~125 個
  • スキー、ボード、ブーツ、ポール、ヘルメットなど、全レンタル用品に貼られているバーコードにはいっているロゴ :数千枚
  • タイムレコーダーのロゴマーク:  ~60 個
  • テレインパーク内の表示   :~100 個
  • ホテルの部屋のキーカード
  • ビレッジ(ホテルなど)のロビーに敷かれたカーペット
  • すべての車両に貼られたロゴ
  • スキーパトロール用スノーモービルのボンネットにも貼られたロゴ


“Olympic Rings and Cauldron, Squaw Valley, California” by Ken Lund is licensed under CC BY-SA 2.0

Palisades Tahoe(パリセーズ・タホ)

1960年冬季オリンピックが開催されましたが、残念ながら日本人はメダルに手が届きませんでした。

HP 

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 海外
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 日本の場合はロゴ?ステッカー?を貼り替えきれておらず、昔のスキー場名やロゴが隠れている事がありますね。
    個人的には懐かしくて好きなのですが、差別的な言葉は残しちゃまずいですね。

    所長さんが居たところも、くまどう・中央・チャンピオン?京王?なんて名前があったような。
    石打も名残あるのかな?

    MLBのインディアンズもガーディアンズ?に同じ理由で変更するそうな。
    尊敬と敬意を持ってしても差別なんだろか?
    感謝祭って何に感謝してるんだろうか?

タイトルとURLをコピーしました