経験無し50歳手前が、1シーズン ポールレッスンを受けた結果

スキー

私のホームゲレンデにはスキースクールのシーズン券があります。

一般レッスンとコブレッスンは常設コースがあり、ポールレッスンは有る時期と無い時期があります。

5シーズン前にポールレッスンが再開し、その時に30回ぐらいレッスンを受けました。

そして、最後に驚きの結果が!!(あるわけではないので、まったりとお読みください。)

ポールレッスン

当時の心境は忘れてしまいましたが、たぶんポールを練習すればスキーが上手くなるという迷信(?)を信じてレッスンに入ったのではないでしょうか(笑)

スクールのシーズン券を持っていたので、自分に合わなければ次から入らなければよいという、気軽さもあったと思います。

正確に言うと、昔々ナスターレースという、100円か200円でタイムを計ってくれるコースを滑ったことがありますが、ポールはほぼ初めてでした。

レッスンでのセッティングは初心者用の優しいものですが、それでも整地大回りが不得意な私は、そこにポールが立っているだけで怖くてしかたありませんでした。

おっかなびっくりで、ポールを巻くように外を滑るので、余計に次のポールに入れなくなります。

また、目の前にポールが迫ってくると体が硬くなってきます。

何度かコース脇の新雪に突っ込み、インストラクターに心配をかけてしまいました(汗)

豪華なインストラクター

スキーの上手な人は、みなさんポールが大好きです。

と、いうよりもほとんどの方がレース経験者です。

この1シーズンだけで、当時とその後の

・4名のナショナルデモンストレーター

・2名のSAJデモンストレーター

の指導を受けることができました。

いや~、猫に小判とはこのことです。

しかし、その時感じたのは一般のレッスンとは違いで、みなさんに生き生きと指導されていたことでした。

普段は言葉少なめな方も、へっぴり腰で滑る私に、熱のこもった指導をしてくれました。

やはり、上手い方はポールが好きなんですね。

ちなみに、同じシーズンのコブや一般レッスンで、別のナショナルデモンストレーター2名とSAJデモンストレーター1名の方に教えてもらう機会があり、本当に充実したシーズンでした。

上達したかどうかは別として(笑)

成果

こんな私でも、成果は少しありました。

中斜面の簡単なGSのセッティングですが、上腕がポールにあたるぐらいは、近くを滑れるようになりました。

痛いのでポールから離れて滑っていると、厳しく指導してくださるイントラの方々のおかげです(涙)

しかし、とてもではないですが、SLは滑れる状態に達しませんでした。

一度だけ、レガース(シンガード)を借りて、脛で3本ほどポールを倒したことがあるのですが、4本目で板のトップが真っすぐポールに当たり、跳ね返され、それ以来怖くて滑れなくなりました。

始めは、気持ち良かったんですけどね。

最後に

次のシーズンから、ポールバーンが急斜面に代わり、レッスンが本格的になってきたのでリタイアしました。

1シーズンだけでしたが、新しいことに挑戦出来て楽しい思い出になりました。

また、機会があれば挑戦してみたいと思います。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント