【滑走日誌16】融雪が進んでいます。しかし、まだまだ雪はたっぷりあります、ガーラ湯沢

スキー場 国内

越後湯沢にも春が訪れようとしています。

ガーラ湯沢駅近くの桜の蕾も膨らみ、一部開花していました。

暖かい日が続くので、来週には桜が満開になっているのではないでしょうか。

4月9日(金)に久しぶりの降雪があったようで、スキー場の積雪が10cm増えていました。

とはいっても、この時期は今まで蓄えていた雪がいつまでもつかの勝負です。

雪解け具合を見るのに、分かりやすい場所をご紹介します。

下山コース

ゴンドラに乗って直ぐに目が入るのが下山コースです。

下部はジグザグになっていて、最後の直線部分位は既に雪がなくなっていました。

写真を撮るのを忘れましたが、ゴンドラで上がっていくと下山コースのどこまで雪があるか良く分かります。

ゴンドラ降り場

ゴンドラ降車駅チアーズから、ゲレンデに出るところに階段があります。

ゲレンデの高さとこの階段の位置関係で雪の厚みが分かります。

圧雪車で雪を持ってきて均しているので参考程度ですが、出てきている階段は3段のみです。

山頂

ガーラ湯沢の最高地点、高津倉山山頂は小山になっています。

人の背丈ほど盛り上がっていて、シーズン中は雪の下にあります。

現在3分の1ぐらい、顔を出している状態でしょうか。

ちなみに山頂には、三角点があります。

高津倉山の標高は1180 mです。

オーレ(Ole)

北エリアに、オーレというレストランがあります。

北エリアのライブカメラは、オーレの軒下に設置されています。

レストランに上る階段がどんどん伸びてきました。

あと2段に地面に到着です。

ゲレンデから少しだけ離れているので圧雪車が入らず、融雪が進行が速いです。

積雪

ガーラ湯沢スキー場発表の積雪は4月11日(日)現在、110cmです。

これは、3か所の計測地点の平均の値だそうです。

少しでも長くゲレンデの雪を持たせるため、土は出やすいところにはゲレンデ外の雪を運んできています。

そして、雪面硬化剤(硫安)もしっかりと撒いていて、朝一のゲレンデは適度に締まっています。

これからも暖かい日が続く予報が出ていて営業期間が心配ですが、あと2週間はほぼ今と同じコースを滑れると思います。

その後、コースを縮小しながらGWを迎え、融雪の進行具合によっては、山頂から滑り降りるグルノーブルコースを閉鎖し、その雪をエンターテイメントコースなどに持ってくるかもしれません。

営業終了予定日5月5日の新幹線のチケットは購入しました。

なんとか、雪が持ってほしいです。

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。
    近々、平日にコブを求めてガーラに行きたいと思っているのですが、
    平日もグルノーブルやエンターテインメントにコブはできてますでしょうか?
    前日にコブがあっても翌日には圧雪されたりするのでしょうか?

    • YAMAさん、はじめまして。
      ゲレンデは毎日圧雪されます。
      エンターテイメントはスクールがコブを造るので平日でもコブはあります。
      グルノーブルは有志の方が造るので、その日にならないと分かりません。
      日によっては、端のコブはつぶさない可能性もあります。
      平日は空いているので、楽しんできてください。

  2. 所長さん
    ご返信ありがとうございます!
    エンターテインメントはコブがあるのですね。
    楽しんできます!