(更新)2021年 融雪前線 営業している最西端のスキー場

スキー場 国内

春になると暖かくなり、スキー場の営業も終りを迎えます。

日々、営業終了のお知らせを聞いていて、ふと桜前線ならぬ融雪前線があってもいいのではないかと思い、営業している最西端のスキー場を調べてみました。

はてさて、どうなることでしょうか。

定義:索道(リフト)のある「スキー場の最終営業日」を「融雪前線通過日」としました。

九州地方

今シーズンは日本最西端のスキー場、天山リゾートが休業のため、融雪前線は五ケ瀬ハイランドから北上を開始します。
九重森林公園の頑張りにより、3月中旬まで前線が九州に留まりました。

3月5日(金) 五ヶ瀬ハイランドスキー場
3月17日(水) 九重森林公園スキー場

四国地方

経度の関係で、四国地方に融雪前線が訪れることはなさそうです。

中国地方

融雪前線は、広島県の恐羅漢スノーパークで本州上陸をはたしました。
頑張っていた恐羅漢ですが、4日間耐えるのが精一杯でした。

3月21日(日)恐羅漢スノーパーク

近畿地方

兵庫県のハチ北スキー場は、ゲレンデを縮小し何とか持ちこたえていますが、土曜日が最終日でした。
その後は、滋賀県のグランスノー奥伊吹に移動しますが、1日だけの滞在になりました。

3月27日(土) ハチ北スキー場
3月28日(日) グランスノー奥伊吹

北陸地方

スキージャム勝山には4月4日(日)までの1週間滞在しました。

4月4日(日)スキージャム勝山

中部地方

前線が中部地方に訪れました。
スキージャム勝山からは西に約20km移動したことになります。
高鷲スノーパークの頑張りいかんによって、その後の動きが大きく変わってきます。

(予定)5月上旬 高鷲スノーパーク

甲信越地方

開田高原マイアスキー場に移動してくる可能性があります。
そして、ここには、融雪前線の難敵、渋峠・横手山スキー場が控えています。
索道(リフト)のあるスキー場としては日本で最も標高が高く、最高地点2307mの地の利を生かし、1か月近く前線を食い止めます。

(予定)5月5日(水・祝)開田高原マイアスキー場
(予定)6月6日(日) 横手山・渋峠スキー場(志賀高原)

東北地方

言わずと知れた最後の砦、月山スキー場。
リフトを使っての滑走は6月下旬までですが、リフト降車場所より上部の斜面にかかるTバーリフトで7月下旬までスキー・スノーボードを楽しめます。

7月下旬 月山スキー場

最後に

この融雪前線、月山スキー場が7月まで営業を行うので、北海道に上陸することはありません。
中部から長野までの前線の移動が気になりますね。
随時、更新して行く予定です。

コメント

  1. 所長さん、この前線はダメっす!
    葉桜前線とは言わないように、悲しさと共に日曜日の夕方のようなサザエさんシンドロームに入っちゃいます。

    今年はやっぱり雪溶け早いですね。
    奥只見も4m切ってスタートでした。
    月山はどんななんだろう。

    • やはりダメですかね。
      今月、雪が降らないです(>_<)
      もうひと雪、ほしいですね。

      • 今日はほんのり降ったみたいですけど、まともに降ったのはいつだっけ?2月の初旬?

        最近はひと塊が大きいなごり雪を見てない気がします。

        シャバシャバの雪になるのが早かったので、お腹いっぱいになってきました。
        でもなぁ、半年以上滑れないと思うと。。。
        もう一回位行こうかなぁ。。。

        • 新潟という恵まれた地にお住まいなので、一度と言わず、GWまでガンガン滑ってください。
          コブは楽しいですよ(笑)