新雪キャッホー 標高差 11,000 m の思い出 Whistler Mountain

スキー

全国で雪が降り続いていますね。

こんな降雪は何年ぶりでしょうか。

ちょっと前までは、シーズンに何度かあったんですよね。

新雪が好きになったきっかけ

今でこそコブを滑っていますが、一番好きなのは新雪です。

しかし、スキーを始めて10年ぐらいは、コブも新雪も大嫌いでした。

新雪が好きになったきっかけは、今から25年くらい前、カナダに住んでいるときでした。

当時はカービングスキーの出現前、今でいうえんぴつ板(190cmを超える真っすぐで細い板)でした。

浮力もなく、技術が未熟な私では、新雪など手も足も出ません。

カナダのウイスラーという町に住んでいたのですが、地元の人は意外とスキーをしなんです。

ふだんは、リフト待ちもない平和なゲレンデです。

それが、新雪が降ると状況が一変します。

運行開始時間前から、リフト前には長蛇の列です。

しかし、新雪が降るとアバランチコントロール(人工雪崩の発生)のためオープン時間が1、2時間遅くなります。

みなんでワイワイガヤガヤ話をしながらリフト待っていますが、リフトが動き出すと大歓声が起こります。

外国の方は声が大きいので、ほんとうにすごい歓声です。

リフトを降りる尾根伝いのコースを滑り、ノートラックの新雪を見つけて次々にドロップしていきます。

そんな光景を間近に見ていると、新雪は楽しいと勘違いしちゃいますよね(笑)

そんなこんなで、何度も新雪に埋もれながらアタックを繰り返すうちに、いつしか新雪が大好きになっていました。

標高差 11,000 m

ウイスラーでスキーガイドをしていたので、ほぼ毎日滑っていました。

ゲレンデをガイドをしながら流して滑っても、日本では信じられないような距離を滑っています。

お客様は、1週間だけのオフなので頑張って滑られますが、ガイドはず~と滑っているので、休日や空いた時間に滑るということはあまりせず、しっかりと休息をとっていました。

しかし、新雪が降ると状況が一変します。

みんなが待ち望んでいた大量降雪後、パウダースノーエリアがオープンする時は朝から祝砲が鳴り響きます。

祝砲とは、アバランチコントロールで使用する本物の大砲のことで、ゲレンデに向けて打ち込み、人工的に雪崩を誘発し安全を確保します。

新雪が大嫌いだった私も、いつしかパウダージャンキーに成り下がってしまい、大砲の音に釣られて山に上がるようになりました。

普段はそこまで滑ることはないのですが、このときばかりは狂ったように滑りまくります。

1日の最高滑走標高差は約11,000 m なんですが、それは1日中パウダーを滑りまくった時です。

富士山3回分のパウダーですよ。

幸せでした。

 

向かい見えるWhistler Mountainの森林限界の上の白い部分が、最高のパウダーエリアです。

“Whistler Mountain from Seventh Heaven” by Ruth and Dave is licensed under CC BY 2.0

最後に

あのころは若かった。

今は、目の前にパウダーがあっても体力が持たず、そんなに滑れないでしょうね。

しかし、短い距離なら若いもんに負けませんよ(笑)

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント