続 零下30℃のスキー場

スキー

零下30℃のスキー場の続きです。

最後に後日談を載せています。

まだの方は先に、こちら をお読みください。

よく当たる天気予報

北米大陸の天気予報は大変良く当たります。

前線は西から東に移動し、いつ雪が降るか予想が容易です。

カナディアンロッキー山脈の中にあるレイクルイーズは、ベースで1645m 頂上で2636mと標高も高く大変寒い場所なのですが、降雪量はあまり多くありません。

しかし、最高気温が氷点下の日が数か月続くので雪質は最高です。

雪が降ると暖かい?

地元民のあいだでは、「今日は雪が降って暖かいね。」というあいさつがかわされます。

「?」ですよね。

日本では、「雪が降る=寒い」ですよね。

しかし、雪は暖かい日(零下10℃ぐらい)でしか降りません。

雪が降らない、すなわち晴れた日が続くと日増しに気温が下がっていき、零下30℃を下回ります。

正確な温度は覚えていませんが、当時は零下30数℃になるとスキー場が営業中止になっていました。

もちろん、営業中止の日も経験しました。

気温の下がり方

カナディアンロッキーにも人が住んでいて、零下30度を下回るのは年に数回なので、数日前から話題に上り始めます。

なぜ、予想がつくかというと、気温の下がり方に特徴があります。

このような低温は快晴無風の日が続くと起こります。

放射冷却で冷えた冷気が谷底にたまり、冷たい空気は暖かい空気より重いので、谷底から動きません。

次の日も放射冷却が起こり、また気温が下がります。

日増しに、最低気温が下がっていくのがよく分かります。

また、レイクルイーズは海岸から約800kmあり、加えて前線は海上で発生するので、到達するまでに数日かかります。

なので、どこまで気温が下がるのか予測ができるのです。

北米大陸の平野部では、下の写真のようにはっきりと前線を見ることができます。


“Divided Skys” by caribb is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

後日談

ガイドをしているときは、お客様が凍傷にかからないように、細心の注意を払ってアドバイス(誘導)します。

しかし、2日目からは自由行動です。

危険なことはお伝えしますが、行動はお客様自身で決められます。

次にお会いするのは、緊急連絡がない限りチェックアウトの時です。

先日、イヤリングのお話をしましたが、外さずに滑られたお客様がおられ、耳たぶが倍以上に膨れ上がり、かつ紫色に変色していました。

日本に帰られ病院に行かれたと思いますが、回復することをお祈りするばかりです。

 

日本でも零下20℃程度にはなることはありますので、十分気を付けてスキー、スノーボードをお楽しみください。

 

零下30℃のスキー場 Lake Louise Ski Resort はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました