コブの魅力とは?

スキー

今日は私にとってのコブの魅力についてお話ししたいと思います。

コブを避けている人が読んで、少しでもコブに挑戦したくなってくれれば嬉しいです。

コブを滑るようになったきっかけ

もともと、移動のためにコブを滑ることはあっても、好き好んで滑ったりはしませんでした。

コブに興味を持つようになった、スクールでのレッスンでした。

当時はパック旅行でスキー場に行っていて、特典の中に半日スキーレッスン券が入っていました。

スクールのクラスは、初心者、初級、中級、上級、そしてコブクラスがあり、なんとなくコブレッスンを選んだのが始まりです。

それまで、コブの滑り方を教えてもらったことが無かったので、練習が新鮮でした。

何度か通っていると、同じようにコブレッスンに入っている人がいて、だんだんと知り合いが増えてきて、ますます足繁く通うようになりました。

後から分かったのですが、その方々はスクールのシーズン券をお持ちでした。

バンクターン

当時の流行はバンクターンでした。

始めは、まったくバンクの上まで板が登っていきません。

すぐに、コブの底に落とされてしまいます。

レッスン終了後も、レッスンで仲良くなった方に教えていただきながら、ひたすらバンクターンの練習をしていました。

結果的には、整地の滑りと近いので違和感が少なく、コブに挑戦できた気がします。

コブの魅力

こうやって、どんどんとまっていったのですが、私の思うコブの魅力は、なんといっても分かりやすさだと思います。

1コブ、2コブ、3コブ、、、完走と、自分の実力が直ぐに分かります。

滑りを修正したとして、完走できるかできないかで正しい方向が判断できます。

コブの条件は一定ではありません。

その日のコブがクリア出来たら、次の日、また新たな挑戦が始まります。

このように、次の目標が立てやすく、また比較的短期間でクリアできる場合が多く、成果がすぐでるところがコブの魅力です。

何に挑戦してもそうですが、いきなり高い目標は精神的に疲れますよね。

最後に

みなさん、どのように思われますか?

整地では自分で自分の滑りを評価するのは難しいですよ(笑)

少しでも、共感していただけれるところがあれば、今シーズンはコブに挑戦してみてください。

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント