コブの魅力とは? ひとりでも多くの方がコブ好きになりますように

スキー

みなさんは、ゲレンデにできるコブについてどう思っていますか。

楽しい、滑りたくない、あるいは嫌いだけど検定種目にあるから仕方なしに練習するなど、さまざまな思いがあると思います。

ブログのタイトルの通り、私はコブが大好きです。

でも、初めから好きであったわけではなく、楽しくなってきたのは40歳を過ぎてからです。

コブを滑るようになったきっかけ

20代、30代、新雪は大好きでしたが、コブを滑ることはほとんどありませんでした。

むしろ嫌いな方だったと思います。

コブに興味を持つようになった、何気なく入ったスクールでのレッスンからでした。

当時はスキー場に行くのにパック旅行を利用していて、特典の中に半日スキーレッスン券が入っていました。

スクールのクラスは、初心者、初級、中級、上級、そしてコブクラスがあり、なんとなくコブレッスンを選んだのが始まりです。

それまで、コブの滑り方を教えてもらったことが無かったので、レッスンが新鮮でした。

何度か通っていると、何人かいつも会う方がいて、話をするようになり、ますます足繁く通うようになりました。

後から分かったのですが、その方々はスクールのシーズン券をお持ちでした。

バンクターン

当時の流行はバンクターンでした。

始めは、まったくバンクの上まで板が登っていかず、コブの底に落とされてしまいます。

レッスン終了後も、仲良くなった方に教えていただきながら、ひたすらバンクターンの練習をしていました。

レッスンにズルドンが無く、整地の滑りと近い感覚でコブに挑戦できたことが、コブに興味を持てるようになった要因の一つだと思います。

コブの魅力

こうやって、コブにはまっていったのですが、私の思うコブの魅力は、分かりやすさと達成感だと思います。

1コブ、2コブ、3コブ、、、完走と、自分の実力が直ぐに分かります。

練習の方向性が正しければ、破綻せずに滑れるコブの数が増えます。

一方、間違っていると、まったく滑れなくなってしまいます。

また、コブの形は一定ではありません。

その日のコブがクリア出来たら、次の日、また新たな挑戦が始まります。

このように、次の目標が立てやすく、成果がすぐ分かるところがコブの魅力です。

そして、なによりコブを完走したときの達成感がたまりません。

最後に

みなさん、どのように思われますか?

整地では自分で自分の滑りを評価するのは難しいですよ(笑)

少しでも、共感していただけれるところがあれば、今シーズンはコブに挑戦してみてください。

きっと、楽しい未来が見えてきます。

 

あっ、そうそう、一番初めに入ったレッスンのインストラクターは、元オリンピック選手でした。

猫に小判でした(笑)

コメント