ついに、南米のスキー場がオープン! Catedral Alta Patagonia

スキー場 海外

2020年7月23日(木)、オセアニア、アフリカについで、ついに南米のスキー場、Catedral Alta Patagoniaがオープンしました。

スキー場の名前を直訳すると「パタゴニアの高地の大聖堂」となります。

このスキー場、ガイドブックではセロカテドラル(Cerro Catedral)となっているのですが、最近名称を変更したのでしょうか。

今年の南半球は、オセアニア、アフリカが小雪で、南米が大雪のようです。

しかし、この3大陸の中で一番新型コロナウイルスの被害の大きな南米のスキー場のオープンが遅れていました。

南米でスキー場のある国

南米大陸には12か国と1か所のフランス領があります。(島嶼部を除く)

その中で、リフトを備えるスキー場はアルゼンチンとチリにあります。

かつてはボリビアに世界で最も標高の高いスキー場がありましたが、氷河の後退とともにスキー場が消滅してしまいました。

世界で最も高いところに「あった」スキー場とレストラン Chacaltaya はこちら

アルゼンチンのスキー場

アルゼンチンには、8月2日(日)まで、非居住者は入国禁止です。

オープンしたCatedral Alta Patagonia始め、オープン予定のスキー場も地元の方のみ滑走可能です。

また、今シーズンはオープンをしないと決めたスキー場もあります。

チリのスキー場

チリには、7月30日(水)まで入国禁止です。

何度も延期されているので、再延期される可能性が高そうです。

チリのスキー場でオープン予定日が決まっているスキー場はまだありません。

最後に

日本からは行くことはできませんが、降雪に恵まれている南米のスキー場がオープン出来て良かったです。

早く騒動が収まり、笑顔でスキー・スノーボードを楽しめるようになりたいですね。

Catedral Alta Patagonia

Catedral Alta Patagonia · Edificio Telesilla Séxtuple 1er Piso, Acceso A Cerro Catedral, R8400 San Carlos de Bariloche, Río Negro, アルゼンチン
★★★★★ · スキー場

HP facebook twitter

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 海外
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました