2020/2021 SNOW JAPAN 強化指定選手リスト 発表

スキー

2020/2021シーズン SNOW JAPAN 強化指定選手リストが公益財団法人全日本スキー連盟から発表されました。

この強化選手を見れば、2020年の北京冬季五輪で活躍が期待できる種目が見えてきます。

種目名と強化指定選手数

ノルディックスキー、アルペンスキー、フリースタイルスキー、スノーボード競技の強化指定選手数です。

種目名男子女子合計
ジャンプ161127
ノルディックコンバインド16824
クロスカントリー6410
アルペン426
スノーボードアルペン369
フリースタイルモーグル9817
フリースタイルエアリアル213
フリースタイルスキークロス415
スノーボードクロス549
フリースタルハーフパイプ・スロープスタイル8614
スノーボードハーフパイプ437
スノーボードスロープスタイル・ビッグエア7512

この表から見ると、ジャンプとノルディックコンバインド(複合)が最も期待されていて、次にフリースタイルモーグル、フリースタルハーフパイプ・スロープスタイル、スノーボードスロープスタイル・ビッグエアが続いているようにみえます。

強化指定ランク

しかし、個々の種目の強化指定選手のランクをみると、少し違った様相が見えてきます。

始めにランクについて説明します。

Sランク

ワールドカップで優勝を狙える選手です。

もちろん、オリンピックでもメダルが期待されます。

Aランク

少し幅が広いのですが、ワールドカップ上位入賞の可能性のある選手です。

今後の伸び次第でオリンピックのメダルに届く可能性があります。

カテゴリー別ランク

U20(20歳以下)などの、年齢によるカテゴリーです。

経験を積んで、次世代のエースとなる素質がある選手です。

 

実際には、種目ごとにランクの規定があります。

メダル期待の種目

メダルの期待のかかるSランクとAランクの選手数を抜き出してみました。

特にSランクの選手数に注目してください。

種目名SAS+A
ジャンプ145
ノルディックコンバインド11
クロスカントリー11
アルペン11
スノーボードアルペン22
フリースタイルモーグル11011
フリースタイルエアリアル0
フリースタイルスキークロス11
スノーボードクロス11
フリースタルハーフパイプ・スロープスタイル11
スノーボードハーフパイプ437
スノーボードスロープスタイル・ビッグエア358

この表を見ると、スノーボードハーフパイプ、スノーボードスロープスタイル・ビッグエアが最も注目の種目だと言うことが分かります。

実際、昨シーズンあのX Gamesのビッグエアで日本女子が表彰台独占と言う快挙を成し遂げています。

スキーでは、毎年ワールドカップで複数回の優勝する、ジャンプとフリースタイルモーグルが続きます。

これら、4種目はメダル獲得の最右翼です。

最後に

2020/21シーズンは世界選手権、そして2021/22シーズンは北京五輪とビックイベントが続きます。

まだまだ時間があるので、若い世代の急成長の可能性もあります。

微力ながら、私も年会費をお支払いして応援しています(笑)

 

2020 / 2021 モーグル ワールドカップ、世界選手権 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキースノーボード
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました