滑りの感覚と現実、どっちが重要?

スキー

みなさんは、どちらを大切にしていますか?

現実

私は、通常、現実に行われる体の動きを重点的に練習しています。

ブーツを履かない状態で、体の動かし方の反復練習を行い無意識でもできるようにします。

そうすると、雪上に立った時に自然と滑れるようになっていることが多いです。

うまくいかなかった時は、体の動かし方が間違っている、あるいは無意識にできるまで体に染み込んでいないので、再度反復練習を繰り返します。

感覚

一方、感覚を重要視する場面もあります。

感覚を変えるだけで滑りが激変したことがありました。

上手い人の滑りを見た後、滑りの感覚を聞くと、まったくそう思えないことも多々あります。

感覚なので、現実の動きとは違いますが、脳が翻訳しているのでしょうか。

感覚は人によって異なるので、似た感覚で滑っている人もいれば、まったく違う感覚で滑っている人もいると思います。

少しだけ、私の感覚をご紹介します。

小回り

ずらし要素の多い小回り、カービング要素の多い小回り、カービング小回りの感覚です。

ずらし要素の多いを小回りでは、教科書に出てくるような三日月を描く感覚で滑っています。

カービング要素の多い小回りは、ターンを行っている感覚はまったくありません。

斜滑降と急回旋を繰り返しています。

カービング小回りになると、スキーというよりもトランポリンです。

ターン中1か所で、ちょっとだけエッジングを深める感覚です。

コブ

直線的な滑り、一般的な滑り、バンクターンの感覚です。

直線的な滑りは、腰から下でブランコを漕いでいる感覚です。

ブーツが前に行ったり、後ろに行ったりせわしく動いています。

一般的な滑りは、直滑降と急回旋を繰り返しながら「コ」の字型に滑っている感覚です。

直滑降の後、バンクによって板が横に向けられ、その後、急回旋をして次の直滑降に入ります。

バンクターンは、ずらし要素の多い小回りと同じような感覚です。

最後に

どっちが重要と聞いては見ましたが、滑りの感覚と現実、両方とも重要ですよね。

また、感覚については正解はありません。

今までと滑りを変えたい時など、感覚を変えてみるのもひとつの方法かもしれませんね。

 

私の感覚ですが、ご興味のある方は、なまぬるく読んでください。

感覚でみる、スキーバッジテスト 1級とテクニカルの違い コブ編 はこちら

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント