新潟県がスキー場利用者数発表。全国市町村別 利用者数トップ5は如何に?

スキー場 国内

新潟県観光文化スポーツ部観光企画課より、2021/2022シーズンの市町村別スキー場利用者数が発表になりました。

新潟県

湯沢町単独の利用者数に続き、新潟県の市町村別スキー場の利用者数が発表されました。

利用者数は約344万人と昨年から約83万人(昨年比32%)の増加です。

中でも目を引くのは湯沢町で、利用者数約156万人と昨年から約48万人(昨年比45%)の増加しました。

湯沢町、南魚沼市、そして妙高市の利用者が特に多く、3自治体で約295万人と県全体の約86%を占めています。

これらの地域は、首都圏からの利用者が多いのが特徴です。

新潟県内、利用者数の多い市町村トップ5

利用者数と2021/2022シーズンに営業したスキー場数(括弧内)

  1. 湯沢町 :約156万人(11か所)
  2. 南魚沼市:約  96万人(8か所)
  3. 妙高市 :約  43万人(7か所)
  4. 魚沼市 :約    9万人(4か所)
  5. 胎内市 :約    8万人(1か所)

嬉しい話題として、地元の方の熱い思いでスキー場運営が継続した胎内スキー場の利用者が8万人を超え、ここ10年の最高記録を更新しました。

利用者数150倍! 奇跡のV字回復、国設胎内スキー場 はこちら

余談ですが、新潟県は平成の大合併で最も自治体の合併が進んだ県の一つで、2000年に30以上あった村は現在では4つしかありません。

そして、村にはスキー場はありません。

全国、利用者数の多い市町村トップ5

新潟県の市町村別利用者数の発表を受け、2021/2022シーズン自治体別利用者数が見えてきました。

岐阜県郡上市のデータは2シーズン前のものですが、SNSなどでスキー場の混雑具合を見ていると年々利用者数が増えてきているように見え、この数字を下回る可能性は低いと考えられます。

長野県山ノ内町のデータは3月31日時点で、4月、5月で数万人の追加があり、郡上市と接戦となると思われます。

スキー場数は、2021/2022シーズンに営業した数です。

1位 新潟県 湯沢町

利用者数 :約156万人
スキー場数:11か所

2位 岐阜県 郡上市(推定)

利用者数 :約105万人(2019/2020シーズン)
スキー場数:10か所

3位 長野県 山ノ内町

利用者数 :約101万人(2022年3月31日時点)
スキー場数:5か所

4位 新潟県 南魚沼市

利用者数 :約96万人
スキー場数:8か所

5位 長野県 白馬村

利用者数 :約69万人
スキー場数:4か所

最後に

全国のスキー場で客足が戻ってきていますね\(^o^)/

 

スキー場 カテゴリー別 ランキング 自治体部門 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. すげぇな所長さん。。。
    私も知らんかったです。。。涙

    胎内スキー場は近隣スキー場が営業縮小(中急斜面コース営業無し)のために、
    お客さんが流れてる可能性があります。

    村にあった近隣スキー場も無くなってしまったし。。。

    • 胎内スキー場、営業を継続して、本当に良かったですね。
      来るシーズンは、もっと利用者が増えてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました