スキー 後傾からの脱出方法は?

スキー

滑っていて、体が後ろに行ってしまう。

コブを滑っていて、板がすっぽ抜ける。

後傾の悩みを抱えている方は多いと思います。

悩んでいるひとりの私が、今までいただいたアドバイスなどをご紹介したいと思います。

後傾の原因

最も大きな後傾の原因は、足首が緩むことです。

足首が緩む、すなわち足の甲と脛の角度が大きくなると、必然的に重心が後ろになり後傾になります。

一般的には、最適な角度は75度前後と言われています。

ブーツの前傾角度は、ソールに対して垂直(90度)の状態から何度前に傾いているかで表し、15度前後です。

常にこの角度で、足首が固定されているのが理想です。

#超上級者は、板を走らすために意図的に足首を緩める方もいるようです。

練習方法

足首を緩めないでと、言うことは簡単ですが、実際に行うのはなかなか難しいものです。

私は、気が付くと足首が緩んでいることが多々あります。

今までいただいたアドバイスをご紹介します。

自分の感覚に合ったものとりいれて、意識して練習してみてください。

ブーツのタンを押す

膝を前に出して、ブーツのタンを押しつぶすイメージでしょうか。

ど後傾だったころに、教えてもらったような気がします。

スキーを始めて間もないころは、棒立ちの場合が多いので、膝を曲げることが重要になってくると思います。

足の指を上げる

足の指を上げると、足首が締まり膝が前にでてきます。

ある程度滑れるようになるとスピードが出てきます。

切替など、上下に動くときに後傾になりやすく、足の指を意識するように言われました。

親指を上げる

足の指を全部上げるのではなく、親指を上げます。

全部の指を上げるのと、親指を上げるのは人による感覚の違いでしょうか。

脱力する

私が意識をしていることです。

緊張をすると筋肉は強張り、柔軟性が失われます。

コブで緊張すると、足が突っ張ってしまい、コブの吸収が間に合わなくなってしまいます。

足首の力を抜くと自然と脛がブーツのタンを押すことになり、前傾角度が維持できます。

最後に

同じ動きをしていても、人によって意識することはまちまちです。

いろいろ試して、自分にあった方法を探してみてください。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました