2021/2022 豪雪復活、スキー場のメッカ新潟県湯沢町

その他

2021/2022年シーズンは全国的に雪が多い年になりました。

新潟県湯沢町にも多くの雪が降り、特に2月から3月頭にかけての降雪で、最深積雪が315cmに達しました。

その雪も春の訪れとともに少なくなり、遂に4月10日に無くなってしまいました。

注)湯沢町の観測データは、街中で計測されています。

湯沢町の降雪量

シーズン初めから断続的に3月初旬まで雪が降り続きました。

4月7日に、たぶん最後と思われる積雪1cmがあり、累積降雪量は1085cmとなりました。

今シーズンの年間降雪量1085cmは、2015年以来7年ぶりの1000cm(10m)超えです。

この降雪量は街中の観測地点での値なので、標高が高いスキー場はもっと多くの雪が降っています。

過去30年のデータを見ると、年々降雪量が少なくなってきているのが分かりますが、この辺で踏みとどまってほしいです。

湯沢町の最深積雪

年間降雪量はそこまで多くありませんでしたが、最深積雪は記録に残るほど深くなりました。

観測史上最も降雪量の多かった1983/84年シーズンと同じく、最深積雪が3mを超え315cmに達しました。

4月10日に積雪はゼロとなりましたが、街中にはまだまだ雪が残っています。

ちなみに、湯沢町の山を挟んでお隣の津南町では、2月24日に観測史上1位の積雪419cmを記録しました。

過去30年で、年間降雪量としては平均以下でしたが、最深積雪は4番目の深さでした。

これは、2月に多くの雪が降ったことが大きく影響しています。

ガーラ湯沢スキー場

ブログでもご紹介したとおり、スキー場のいたるところで見たことのない光景が繰り広げられました。

スキー場発表の最深積雪は480cmでしたが、とても信じられません。

過去には最深積雪500cmを超えたこともありましたが、体感としてはそれ以上です。

雪が深すぎてどのリフト降り場も、下りのスロープがほとんどなくなりました。

大雪の一例が夢の鐘「展望台」です。

もっと、びっくりする写真を見たい方はどうぞ

【滑走日誌22-10】越後湯沢の超本気、観測史上6番目の積雪量、ガーラ湯沢スキー場 はこちら

最後に

毎年、今年のぐらいの降雪があれば、スキー場が雪不足に悩むことはありません。

一方、小雪に慣れた街中に雪が降ると日常生活に支障をきたします。

スキー場だけに雪が降ってほしいと思うのは私だけでしょうか。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました