北京オリンピック開幕、日本選手のメダル獲得数は?

その他

北京オリンピックの開幕しました。

日本選手の活躍とメダルの獲得数が気になりますよね。

世界で最も正確な予測を行うと言われる米グレースノート社が、北京オリンピックのメダル総数で日本が10位になると予測しています。

冬季オリンピックメダル数

まずはじめに、戦後行われた冬季オリンピックにおける、日本選手のメダル獲得数をご覧ください。

長野で初の2桁のメダル獲得後、少し低迷していましたが、平昌で過去最高13個のメダルを獲得しています。

開催年開催都市メダル
2022北京    
2018平昌13454
2014ソチ8143
2010バンクーバー5032
2006トリノ1100
2002ソルトレイクシティー2011
1998長野10514
1994リレハンメル5122
1992アルベールビル7124
1988カルガリー1001
1984サラエボ1010
1980レークプラシッド1010
1976インスブルック0000
1972札幌3111
1968グルノーブル0000
1964インスブルック0000
1960スコーバレー0000
1956コルチナ・ダンペッツォ1010
1952オスロ0000

メダル獲得予想

調査会社ニールセンの子会社で、エンターテイメントデータおよびテクノロジー企業のグレースノートは、2022年2月4日に開幕式を迎える北京オリンピック、メダル獲得数で日本を10位と予想しています。

メダル総数は19個で、過去最高の予想です。

グレースノートは昨年の夏に開催された東京オリンピックで、日本のメダル総数を60個(金26個、銀20個、銅14個)と予想していました。

結果は、メダル58個(金27個、銀14個、銅17個)と大変近いものでした。

注目選手

グレースノートは注目選手として次の選手を上げています。

  • フィギュアスケート:羽生結弦
  • ノルディック複合 :渡部暁斗
  • スキージャンプ  :小林陵侑、高梨沙羅
  • スノーボード   :平野 歩夢、戸塚優斗、村瀬心椛
  • スピードスケート :髙木美帆、小平奈緒

この他にも、メダル候補はたくさんいますよね。

  • モーグル:堀島行真、川村あんり
  • スノーボード:鬼塚雅、岩渕麗楽
国別バーチャルメダルテーブル

国別バーチャルメダルテーブル 1~10位です。

日本は、金3個、銀7個、銅9個と予想されています。


出典:Nielsen Gracenote Releases Final Virtual Medal Table Forecast

最後に

グレースノートは、競技ごとに過去の大会を調査し、予想を行っているので、高い精度を誇っています。

日本選手の活躍に期待が持てそうですね。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 昨日はモーグルの予選見てました。。。
    頭にネジが無い人達の中でも、更に何かがおかしい強者だらけですね。。。
    観戦として見るのは楽しいですが、同じスキーとして見ると、さっぱりわかりません。。。
    な〜んにも参考になりませんな。

    あ、硬くてスピード乗る位はわかります。。。

タイトルとURLをコピーしました