2021/2022 モーグルワールドカップ開幕 日本選手の活躍は?

スキー

2021年12月4日(土)、フィンランドのルカで2021/2022 モーグルワールドカップが開幕しました。

男子は堀島選手が3位、女子は柳本選手が6位に入りました。

堀島選手は準決勝を1位で通過し、開幕戦優勝の期待が高まりましたが、1.87点優勝に届きませんでした。

3位でも凄いことなのですが、何度も優勝を経験している堀島選手なので、あえて残念と言わせていただきます。

女子は準決勝の16名に日本人選手5名が残りましたが、表彰台には届きませんでした。

2021年12月4日 ルカ、フィンランド

ルカ(Ruka)は、ロシアとの国境に近い、もう少しで北極圏の街です。
スキーシーズンが最も長いスキー場の一つで、10月から翌年の6月まで天然雪で滑れます。

モーグル
順位男子 女子 
1位KINGSBURY MikaelカナダGIACCIO Oliviaアメリカ
2位KOLMAKOV PavelカザフスタンANTHONY Jakaraオーストラリア
3位堀島 行真日本OWENS Kaiアメリカ
4位SALONEN JimiフィンランドLAFFONT Perrineフランス
5位MCDONALD ColeアメリカSOAR Hannahアメリカ
6位NOVITSKII Nikitaロシア柳本 理乃日本

7位以下の日本人出場者の成績

19位杉本 幸祐9位川村 あんり
26位原 大智10位住吉 輝紗良
31位松田 颯11位星野 純子
  13位冨髙 日向子
  20位中尾 春香

ペリーヌ・ラフォン敗れる

昨シーズン、モーグル7戦全勝のペリーヌ・ラフォン(LAFFONT Perrine)が敗れる波乱の幕開けになりました。

また、モーグルで表彰台に立てなかったのは、なんと2018年1月20日、カナダ Mont Tremblant大会以来のことです。

次戦で巻き返すのか、世代交代が起こるのか目の離せない戦いが続きます。

最後に

今シーズンは、オリンピックも開催されるので、選手のモチベーションも高く、ハイレベルな戦いが展開されると思います。

こちらのページで、結果をまとめていく予定です。
2021/2022 モーグル ワールドカップ、オリンピック はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました