(2022/5/12版)日本のスキー場の数 と スキー場が多い都道府県トップ5

スキー場 国内

2021/2022シーズンも終わりに近づいてきました。

来シーズンの営業情報もでてきましたので、併せてご紹介します。

索道が有るスキー場

索道(リフト、ゴンドラ、ロープウェイ)のあるスキー場は、国土交通省傘下の各地方の運輸局の営業許可が必要であるため、数の特定は容易です。

暮れも差し迫った12月28日、岐阜県 白川郷平瀬温泉 白弓スキー場の廃止が発表されました。

動向が不明であった、佐賀県 天山リゾートほHPが1年ぶりに更新され、今シーズンの営業中止のアナウンスがありましたが、1月に入りスキー場の廃止が発表されました。

また、京都府の旧スイス村スキー場が、雪遊び広場 太鼓山『スノー』どんどんパークinスイス村 として生まれ変わりました。

そして、岩手県 岩山パークスキー場(最終営業日:1月30日)と 栃木県 那須温泉ファミリースキー場(最終営業日:3月21日)が廃止となりました。

その結果、索道のあるスキー場は413か所になりました。

まだ正式発表前ですが、岩手県越路スキー場、ひめゆかスキー場、国見平スキー場の内2か所、福島県スキーリゾート天栄、新潟県なかさと清津スキー場、福井県六呂師高原スキーパークは廃止濃厚です。

 

2022/2023 閉鎖する(かもしれない)スキー場 はこちら

索道が無いスキー場

北海道、東北の多くの地方自治体は、地元の方のために索道が無いスキー場を運営しています。

スキー場は自治体のHPにスポーツ施設として掲載されることが多いです。

しかし、掲載場所が大変分かりにくい場合、facebookのみある場合、はたまた自治体の広報誌でのみ存在が確認できる場合などがあり、営業実態を把握することは容易ではありません。

公式HP等で営業を確認できた索道の無いスキー場は、93か所でした。

営業状況不明のスキー場

スキー場があったことは間違いないのですが、ほとんど情報がなく、営業状況が確認できないスキー場が10か所以上あります。

この他に、運営状況が不明のスキー場が約15か所、リフト・ロープトゥ等の登坂設備がない雪遊び広場が約10か所あります。

スキー場が多い都道府県トップ5

定義の仕方によりスキー場の数は変わりますが、トップ5の順位の変動はありません。

1位 北海道

スキー場数:145か所

2位 長野県

スキー場数:61か所

注)スキー場の数え方によっては、プラス19か所になります。

3位 新潟県

スキー場数:51か所

4位 山形県

スキー場数:31か所

5位 秋田県

スキー場数:25か所

よく見かける、スキー場の数が多い都道府県

「スキー場の数が多い都道府県」と検索すると、多くのサイトが検索結果にでてきますが、元をたどると次の2つのサイトに行きつきます。
いずれのサイトも1位長野、2位北海道となっていて、3位以下は県およびスキー場数も同じです。

サイトA

1位 長野県 79か所
2位 北海道 51か所
3位 新潟県 48か所
4位 群馬県 22か所
4位 岐阜県 22か所

サイトB(2021年04月08日)

1位 長野県 85か所
2位 北海道 51か所
3位 新潟県 48か所
4位 群馬県 22か所
4位 岐阜県 22か所

北海道のスキー場数

索道とはロープウェイ、ゴンドラ、リフトなどロープから吊り下げられた搬器で人を運ぶ交通機関です。
北海道索道協会のHPで、会員のスキー場数を調べたところ93か所あり、この数だけで、スキー場の数が多い都道府県は、北海道が1位だということが分かります。
加えて、グリーンピア大沼スキー場など4か所のスキー場は、ゴンドラやリフトが在りますが、会員一覧にはありませんでした。

更に、北海道にローカルスキー場と言われているロープトゥのみのスキー場が少なくとも48か所あり、合計すると、スキー場は145か所(以上)でした。

長野県のスキー場数

毎年8月に長野県の観光部山岳高原観光課が発表している「令和2-3年 スキー・スケート場の利用者統計調査結果について」によると、県内には84か所のスキー場があり、その内営業したスキー場は78か所となっています。
しかし、84か所にはスキー場固有の理由で廃止を行うことが出来ないスキー場が含まれており、現実的に営業可能な索道が有るスキー場は78か所(志賀高原は18か所としてカウント)でした。

加えて、索道が無い千畳敷スキー場と山田温泉キッズスノーパークがあり、合計すると、スキー場は80か所でした。

注)上記80か所と、本ブログのスキー場の数え方の差分はリンク先にあるスキー場の定義をご覧ください。

最後に

スキー場の定義、都道府県のスキー場の内訳などにご興味ある方はご覧ください。
日本のスキー場の数 と スキー場が多い都道府県ランキング はこちら

 

 

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました