30か所のスキー場を29,800円で滑走可能! アースホッパーSNOW

スキー場 国内

共通シーズン券と共通回数券の中間、新タイプのリフト券「アースホッパーSNOW」が登場しました。

アースホッパーSNOW liteは、全国30か所のスキー場を各2日、最大60日滑れるリフト券で、人数制限なく29,800円で購入可能です。

また、レンタルスキーがセットになった、アースホッパーSNOWは57,000円です。

アースホッパーSNOW

対象 :30か所
北海道:カムイスキーリンクス
    さっぽろばんけいスキー場
    札幌国際スキー場
    めむろ新嵐山スカイパーク
    キロロスノーワールド
    ニセコアンヌプリ国際スキー場
    ニセコ モイワ スキーリゾート
岩手 :安比高原スキー場
    八幡平リゾート パノラマスキー場・下倉スキー場
    夏油高原スキー場
山形 :Asahi自然観スノーパーク
宮城 :みやぎ蔵王えぼしリゾート
新潟 :ムイカスノーリゾート
    ニノックススノーパーク
    キューピットバレイ
    舞子スノーリゾート
    湯沢中里スノーリゾート
    神立スノーリゾート
    ロッテアライリゾート
    赤倉観光リゾートスキー場
群馬 :ホワイトワールド尾瀬岩鞍
    丸沼高原スキー場
    川場スキー場
    パルコール嬬恋リゾート
長野 :斑尾高原スキー場
    つがいけマウンテンリゾート
    エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィンタースポーツパーク
    車山高原SKYPARKスキー場
山梨 :カムイみさかスキー場
兵庫 :スカイバレイスキー場

アースホッパーSNOW lite

料金:29,800円
条件:1スキー場あたり2回まで利用可能

アースホッパーSNOW

料金:57,000円
条件:1スキー場あたり2回まで利用可能
  +15の提携スキー場のレンタル(スキー3点セットまたはスノーボード2点セット、1スキー場あたり2回まで)

HP 

「ニッポンをひとつのスキー場に!日本全国30の人気スキー場で使える、リフト+ギアレンタルの定額スノーパス」

earth hopper ホームページより

お勧めの人

このリフト券、どのような人にお勧めなのか考えてみました。

30か所のスキー場は全国に散らばっていて、順番に巡っていくという利用の仕方は難しいと思います。

提携スキー場は大手が多く、1日券は5000円~6000円ぐらいですが、早割や割引券があり、3500円~4500円ぐらいで購入可能です。

リフト券の平均購入価格を4000円とした場合、8回滑ればお得になるということは、週末1泊2日でスキー場に行くのであれば、4回行けば個別にリフト券を買うよりもお得になります。

地理的なことを考慮すると、アースホッパーSNOW liteを最も有効に利用できる方は、関東、甲信越、札幌周辺にお住まいの方で、いろいろなスキー場を楽しまれたい方、あるいはホームのシーズン券を持っているが、ときたま他のスキー場を訪れたい方になると思います。

競合リフト券

競合となるリフト券は、20か所以上のスキー場が滑れ、利用回数制限のないスノーリゾートクラブとマックアースジャパンになると思います。

加えて、TAKASU MOUNTAINS SEASON PASS、兵庫メジャーズ 8スキー場共通シーズン券などある程度決まったスキー場を多く滑る人にとっては、共通シーズン券の方が魅力的でしょう。

今後の期待

現在の対象スキー場の分布を見ると、明らかに関東と札幌周辺にお住いの方をメインターゲットにしていることが分かります。

今後のアースホッパーSNOWの販売拡大のためには、関東と札幌周辺にお住まいの方に、より多くの対象スキー場を提供できることが一番だと思います。

少し時間がかかるかもしれませんが、中京圏の方が行きやすい岐阜県のスキー場、そして関西圏の人が利用できる兵庫県の対象スキー場を増やせれば、ますます購入者が増えることでしょう。

今後に期待です。

 

2021/2022 誰でも買える スキー場 共通シーズン券 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました