北米がシーズンイン Wolf Creek Ski Area

スキー場 海外

2021年10月16日(土)、北米大陸の先陣を切って米国コロラド州のWolf Creek Ski Area(ウルフクリーク スキーエリア)がオープンしました。

そして、17日(日)には、Arapahoe Basin(アラパホー ベイスン )もオープンします。

Wolf Creek Ski Area(ウルフクリーク スキーエリア)、米国コロラド州

緯度はだいたい日本の猪苗代湖と同じぐらいですが、ベースの標高が3000mと高く、週末にかけて10数センチの積雪もあったようです。

アメリカではローカルスキー場の部類ですが、それでもリフト9基で1万2千人/時の輸送能力があります。

リフト券

アメリカでは普通かもしれませんが、日本人にとっては驚きの価格設定です。

通常の1日券が$82(約9千円)、年末年始などの繁忙期が$92(約1万円)です。

家族で行くとなると、、、想像しただけで恐ろしくなります。

そしてシーズン券は$1,208(約13万円)。

北米のスキー場はどこも似たような価格ですが、それでもスキー場が繁盛していることは凄いことです。

 

過去5番目の好成績! 2020/2021シーズン 全米スキー場利用者数 はこちら

最後に

過去25年間、日本の物価はほぼ横ばいですが、その間にアメリカは約1.6倍になっています。

このことを考慮すると、日本人の日本のリフト券に対する感覚と、アメリカ人のそれはほとんど変わらないかもしれません。

物価は緩やかに上がっていくことが、ほとんどの人にとって一番良いことなんですけどね。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 海外
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. クルマに乗ったら昼間でも暖房だよ、暖房!
    オートエアコンが足元を表示するの。。。
    ジメッとまとわりつくような空気とはおさらばして、スカッと冷たくキレの良い空気だよ!
    たまらんですなぁ。

    物価が1.6倍でも、所得が一緒に1.6倍なら、なんら問題ありません。
    日本は確かに両方上がってませんけど、便利の名の下に、持ってて常識・使って常識・高性能で結果値上げ。
    そんなのばっかりで物価だけ上がってるのと大差無い気がします。
    だってスマホにパソコンなんて昔は無かった。
    クルマも安全と環境性能で高いし。
    ガソリンも高いよ!

    • 急に冷え込みましたね。
      急いで冬用の布団を出しました。

      物価は徐々に上がってほしいです。
      急に上がると生活が大変になってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました