【悲報】エコーバレー、白馬さのさか営業中止、頑張れBlue Resort

スキー場 国内

昨シーズンに続き、今シーズンもBlue Resort エコーバレーの営業中止が決まりました。

昨年、一度はオープン予定日を2020年11月28日(土)と発表しましたが、新型コロナウイルスの影響で営業中止としました。

その後、地元自治体の強い要望により、営業を再検討したのですが、最終的に営業中止となりました。

今年は既に地元との調整は終わっているようで、営業中止は変わりそうにありません。

また、昨シーズンは営業中止の発表後、地元からの強い要望により営業を行った、Blue Resort 白馬さのさかも、今シーズンの営業中止を発表しました。

ブルーキャピタルマネジメント

2018年にマックアースより、4か所のスキー場を譲渡されスノーリゾートの経営に乗り出しました。

長野県の青木湖畔のホテルを買収し、ヤナバスキー場の運営権も手に入れていてホームページに新たなロゴも掲載しています。

2018/2019シーズンは、通常の営業ができ、さあこれからというときに、記録的な小雪、そして新型コロナウイルスの影響をうけ、苦しい状況が続いています。

運営スキー場

  • Blue Resort MINOWA(福島県)
  • Mt.乗鞍スノーリゾート(長野県)
  • Blue Resort 白馬さのさか(長野県)
  • Blue Resort エコーバレー(長野県)

Blue Resort MINOWA

毎年の利用者が6万人前後と安定しています。

Mt.乗鞍スノーリゾートを抜き、4か所のスキー場の中では最も利用者が多くなっています。

Mt.乗鞍スノーリゾート

一昨年度の深刻な雪不足、昨年度の新型コロナウイルスの影響で、2017年度対比で利用者は5割減となり、スキー場の売却先を探していると信濃毎日新聞で報じられました。

また、3シーズン連続で赤字が続いているとのことです。

その後、地元の人々が背中を押してくれて、営業を継続することを決定したとの報告がありました。

しかし、経営母体が違いますが、一体となってスキー場を運営していたMt.乗鞍スノーリゾート 休暇村エリアは、今シーズンの営業を行わないと発表しました。

3年連続赤字と言うことは、黒字化するためには現在の倍以上の利用者が必要と言うことで、経営が厳しい状況には変わりありません。

Blue Resort 白馬さのさか

昨シーズン、一度は営業中止を発表しましたが、地元の強い要望を受け、一転、営業を行いました。

しかし、10月6日、今シーズンの営業中止を発表しました。

毎年の利用者は2万~2万5千人程度です。

Blue Resort エコーバレー

箕輪、Mt.乗鞍スノーリゾートには系列のホテルもあり、白馬さのさかは近隣のホテルの買収、ヤナバスキー場の復活計画とスノーリゾートとしての方向性が見えていました。

一方、エコーバレーはスキー場のみの運営で、かつ隣接しほぼ同規模のブランシュたかやまは年間2億円もの公的資金が投入されています。

違う言い方をすれば、毎年2億円の赤字と言うことです。

白樺湖周辺には11か所のスキー場が密集し、少なくなった利用者を奪い合っています。

資金援助がないスキー場が生き残るのは大変なことのように思えます。


エコーバレースキー場のHPより

 

10年間で20億円の補助! 公設民営化を目指すブランシュたかやまスキーリゾート はこちら

2021/2022 閉鎖する(かもしれない)スキー場 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました