北米から初雪のたより(^.^) 無くなった富士山の初雪のたより(>_<)

その他

北米大陸に寒気が押し寄せ、各地のスキー場から初雪のたよりがありました。

地面が白くなるくらい、降っていますね。

 

カナダ アルバータ州 サンシャインビレッジ

 

カナダ アルバータ州 キャッスルマウンテンリゾート

 

米国ユタ州 スノーバード

富士山の初雪

長らく日本の初雪は富士山で観測されるもので、夏の終わりの風物詩でした。

しかし、2004年9月30日に、富士山山頂剣ケ峰にある気象庁富士山測候所での常駐観測が終了し、初雪の観測を行われることが無くなりました。

富士山では年中雪が降っていますが、一年で最も高い気温を記録した後に降った雪を初雪といっていました。

観測を開始した1636年以降、最も早い初雪は1963年7月31日、最も遅い日は1943年10月16日で、平年は9月14日でした。

初冠雪

初雪は気象庁の職員が勤務している場所で観測され、観測所がある場所は街に近いのでどうしても10月以降になります。

一方、初冠雪は職員の目視により判断されるため、初雪より早く観測されます。

初冠雪が観測されるためには、雪が降り冠雪することはもちろんのこと、加えて天候が良く麓にある観測所から目視できることが条件となります。

昨年富士山で冠雪があり、太平洋側からははっきりと見える写真が出回ったのですが、観測所がある山梨県側からは確認することができず、初冠雪とはなりませんでした。

また、日本で一番早い初冠雪は北海道大雪山旭岳で観測されることが多くなっています。

過去10年の内9年は、大雪山旭岳が富士山より早い初冠雪を記録しています。

 大雪山旭岳(2291m)富士山(3776m)
 旭川地方気象台甲府地方気象台
平年9月25日10月2日
最も早い日1925年9月6日2008年8月9日
最も遅い日2004年10月15日1956年と2016年10月26日
 9勝1勝
2011年9月22日 〇9月24日
2012年10月14日9月12日 〇
2013年9月19日 〇10月19日
2014年9月16日 〇10月16日
2015年9月29日 〇10月11日
2016年9月29日 〇10月26日
2017年9月30日 〇10月23日
2018年9月20日 〇9月26日
2019年9月21日 〇10月22日
2020年9月26日 〇9月28日
2021年

最後に

雪の話題を聞くと、ウキウキしますね。

早く、冬よ来い(笑)

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
その他
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました