徒然なるままに、スキー山回りを、、、

スキー

オリンピックも最終日を迎えました。

連日、日本選手が大活躍でインターネットから目が離せません。

机の前から離れられないので、谷まわりに続き山回りについても、徒然なるままに書きつくってみました。

 

徒然なるままに、スキー谷回りを、そこはかとなく書きつくれば、 はこちら

#今回は、少しだけ私の感覚を書いています。

目的

山回りの目的は板のトップを横に向けること、すなわち横方向への移動を行うことです。

結果として減速します。

方法

時計の3時(9時)の位置でトップがフォールラインに向いた時、板は体の真下ではなく外側に離れた位置にあり、板は雪面に斜めで角付け(エッジング)した状態になります。

この状態でフォールライン方向に進もうとするので、自然にトップが体の前(下)に戻ってきます。

すなわち、山回りは意識をしなくても自然に起こります。

この時に、板を押しずらす量によりターン孤(大きさ)を調整します。

急斜面小回りなど、スピードコントロールを重視する滑りでは、板を押しずらす量を多くターン孤を小さくします。

カービングターンなど、スピードを求める滑りでは、荷重点の前後動のみで、ほとんど押しずらすことはしません。

滑り方

ずれの少ない滑り(カービング大回り、小回り)

山回りですることは、角付け(エッジング)を外すことだけです。

谷回りで、板が体から離れる距離、すなわち角付け量が決まります。

しかし、板が雪面にフラットな状態に比べ、カービングは減速要素の強い滑りです。

必要最小限のカービング量でトップを横方向に向け、山回りの早い段階で角付けを外すとスピードが速くなります。

ずれの大きい滑り(コブ、小回り)

コブや小回りで、板のR(回転半径)よりも小さいRでターンを行いたい場合は、テールを外側に押し出すことで、より早くトップを横に向けます。

また、押し出す力が強いと減速要素が強まります。

コブでは、トップをコブに当てて減速するとともに、バンク部分でテールを押し出すことで減速を行います。

最後に

谷回りに比べて、山回りでできることは限られています。

私の感覚では、整地でもコブでも山回りは板を雪面にフラットにすることだけに集中しています。

現実には、時計の4~5時(7~8時)の位置で一番角付け(エッジング)が強くなり、その後エッジを外しフラットに戻していると思います。

みなさんの感覚はいかがですか。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました