整地小回りと同じ滑りで、コブが滑れる!?

スキー

先日、今シーズン初めてコブを滑ってきました。

コブって、楽しいですね。

前に滑っただろう、とか詮索しないでください。

その時は、コブが固すぎて降りただけなので滑った数には入れていません(笑)

コブと整地小回りの共通点

私は、整地小回りとコブを同じ滑り方で滑っています。

もう少し正確に言うと、整地小回りにはいろいろな滑り方があり、その中のコブに適した滑りを選択しているという感じです。

具体的には、普通にコブを滑る時はずれが多く落差の少ない滑り、スピードを上げたい時は、ジグザグをイメージた滑りをしています。

滑りのパーツに分けて、共通点を見ていきます。

板が曲がろうとするまで待つ

小回りの山回りでは雪面抵抗が大きくなり、板が曲がろうとしてきます。

コブの山回りでは、板のトップがコブに当たり板が曲がります。

この板が曲がろうとするまで待つ感覚が同じです。

重力に逆らわない

小回りの切替では、左右の足の長さをそろえ、斜面に垂直に立ち、そして体がフォールライン方向に落とされながら谷回りを始めます。

コブでも同じように重心移動を行います。

外足を突っ張って、重心の落下を妨げてはいけません。

少しだけ自己主張をする

小回りもコブも、谷回りで板が軽くなった時に、少しだけ自己主張をします。

ターン弧の大きさを調整したり、スピードを制御したりします。

異なる点

小回りとコブ、ほとんどは同じ運動ですが、運動の大きさが異なる点もあります。

吸収動作

小回りでも切替で吸収動作が必要ですが、比較的小さい動きです。

コブでは、そこにコブがあるので大きな吸収動作が必要です。

なぜ、小回りとコブの滑り方が違うと感じるのか?

今までに多くの方に滑り方を聞いてきましたが、同じ感覚で滑っている方は稀です。

小回りは「角付けの強さ」と「ずらす量」のコンビネーションで無数の滑り方があります。

自然にできたコブは1コブ毎に大きさや形が違います。

小回りで多くの滑り方ができる方は、そのコブに適した滑り方を選択できるので同じ感覚で滑れ、小回りのバリエーションが少ないとコブの滑りと違うと感じるのかもしれません。

最後に

ここに書いたのは、あくまでも私の感覚です。

ひとそれぞれ、滑り方、感覚は違うと思います。

自分にとって最善のコブの滑り方を見つけて、楽しんでください。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォロー、よろしくお願いします。
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました