徒然なるままに、スキー谷回りを、そこはかとなく書きつくれば、

スキー

暑い時期が続きますね。

シーズンインが近づいてきたので、谷回りについて徒然なるままに書きつくってみました。

#ほんとうは、オリンピックのことで頭がいっぱいです(笑)

目的

谷回りの目的は板をフォールラインに向けること、すなわち横方向への移動を止めることです。

結果として加速します。

方法

板をフォールラインに向ける方法は2つあります。

それは、トップをターン内側に入れるか、テールをターン外側に押し出すかです。

テールをターン外側に押し出す

踵を押し出すことにより、テールが外側に動くことにより板のトップがフォールラインを向きます。

トップがターン内側に入る

谷回りでは谷側のエッジが雪面に接しているので、自分の力でトップを内側に入れることはできません。

しかし、谷側のエッジが雪面に接している状態で前に進めば、雪面抵抗で自然にトップをターン内側に入ってきます。

板が立ってい(内傾角が強け)れば、強い力でトップが内側に入ってきます。

パラレルとシュテム

パラレルターン

切替で両足の長さが同じになれば、両方の足で同じ動きができます。

いわゆる、パラレルターンです。

シュテムターン

切替で谷側の足が山側の足より長い場合、そのままでは谷回りは始まりません。

そこで、山側の板を開き出しシュテムターンを行うことで、山側の板のみ谷回りをつくります。

しかし、谷側の板がフォールラインを向くじゃまをした状態になっているので、トップがフォールラインを向くのに時間がかかります。

滑り方

大回り

大回りでは、両足をパラレルにし、雪面抵抗でトップがターン内側に戻される力でフォールラインに向きます。

いわゆるカービングターンです。

小回り

小回りは、テールを外側に押し出す動きと、トップが内側に入る力を、雪面状況に合わせて分配を変えながら滑ります。

すなわち、カービングとずれの中間のバランスです。

そして、片足よりも両足を使ってこの動きを行った方が、早い動きができます。

また、ターン孤を自在にコントロールでき、細かいターンが行えます。

コブ

コブを滑るためには、自分の好きなターン孤ではなく、コブが持っているターン孤で滑ることが必要です。

ターン孤が大きすぎるとコースアウトし、ターン孤が小さすぎると横滑りを伴った滑りになります。

特にコブの出口を、谷回りのどの局面で迎えるかで、滑りが決まります。

最後に

徒然なるままに、谷回りを、そこはかとなく書きつくってみました。

なんのオチもありません。

すいません。

オリンピック観戦の忙しい中、お付き合いいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました