(5/17版)夏でも練習できるサマーゲレンデ

スキー場 国内

5月に入り、ぞくぞくとサマーゲレンデがオープンしています。

また、この夏営業するほとんどのゲレンデで、HPの情報が更新されました。

えんがるロックバレースキー場

昨年夏にピスラボを貼る作業が目撃されていた、北海道のえんがるロックバレースキー場のHPにやっと、サマーゲレンデの情報が載りました。

6月中旬以降の営業開始を目指し準備中、と書いてあるだけですが、これで営業することが確定しました。

北海道初のリフトの利用できるサマーゲレンデになることでしょう。

札幌から直線距離で200km、スキー場は旭川紋別自動車道の遠軽ICに隣接しているので、十分日帰り圏内ですね(笑)

5月にオープンのサマーゲレンデ

北海道と岐阜県の2か所のサマーゲレンデが5月にオープンします。

ウイングヒルズ 白鳥リゾート

岐阜県

材質  :PIS・LAB(ピスラボ)
コース :全長1000m、最大幅30m以上
ウェーブ:有
営業期間:2021年5月22日(土)~

アルペングループのスキー場で、同社開発のPIS・LAB(ピスラボ)を早くから導入しています。

全長1000mに及ぶ滑りごたえ満点のゲレンデで、数多くの有名スノーヤーのレッスンが行われています。

さっぽろばんけいスキー場

北海道

材質  :PIS・LAB(ピスラボ)
コース :スノーブラシゲレンデ
営業期間:2021年5月29日(土)~

ゲレンデはにフトがなくハイクアップが必要です。

スノーボーダーをメインのターゲットにしているようです。

六呂師高原スキーパーク

ここでひとつ悲しいお知らせがあります。

福井県の六呂師高原スキーパークは営業を中止しました。

夏だけではなく、今年度の冬の営業も行わないと言うことを県が発表しました。

今年度中に、今後のスキー場のありかたを検討するとのことです(涙)

最後に

サマーゲレンデの他にも、エアマットを利用したジャンプ台など夏にスキー・スノーボードが練習できる施設が増えてきています。

一年中、ウインター(?)スポーツを楽しめますね。

 

2021年 夏でも練習できるサマーゲレンデ はこちら

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント