もしかして、グランスノー奥伊吹が今シーズンの利用者数日本一!?

スキー場 国内

みなさんも肌で感じられていると思いますが、今シーズンのスキー場は一部を除きガラガラです。

楽しく、たくさん滑れる!と喜ぶ一方で、こんな状況でスキー場経営が成り立つのか心配してしまいます。

こんな状況の中、過去最高の来場者数を記録したスキー場があります。

グランスノー奥伊吹

滋賀県のグランスノー奥伊吹が過去最高の221,675人の利用者数を記録しました。

この利用者数がどのくらいかというと、新型コロナウイルスが流行する前の2018/2019シーズンでいえば、全国で20位ぐらいで、菅平高原スノーリゾートより順位が上です。

もちろん、滋賀以西では2位の六甲山スノーパークを引き離し断トツの1位です。

新潟県湯沢町のスキー場

地方自治体としては日本一の利用者数を誇る湯沢町の3月31日までの利用者数です。

2年前は、利用者が70万人を超えていた苗場を含め4か所のスキー場が30万人以上を集めていましたが、今シーズンは見る影もありません。

4,5月の営業日数を考えても、神立が唯一20万人を超えるぐらいです。

苗場スキー場115,660人
かぐらスキー場123,800人
湯沢中里スノーリゾート109,440人
中里スノーウッドスキー場20,980人
湯沢パークスキー場10,740人
岩原スキー場180,600人
神立スノーリゾート183,540人
NASPAスキーガーデン60,400人
一本杉スキー場1,570人
湯沢高原スキー場40,030人
GALA湯沢スキー場127,550人

日本スキー場開発運営のスキー場

次に、日本スキー場開発が運営する8か所のスキー場の3月31日までの利用者数のデータです。

八方尾根など名だたるスキー場を運営していますが、利用者数は例年の4~7割ぐらいで、20万人を超えるスキー場はなさそうです。

HAKUBA VALLEY⽩⾺八方尾根スキー場167,000人
HAKUBA VALLEY⽩⾺岩岳スノーフィールド66,000人
HAKUBA VALLEY栂池⾼原スキー場135,000人
HAKUBA VALLEY⿅島槍スキー場52,000人
⻯王スキーパーク102,000人
川場スキー場134,000人
めいほうスキー場161,000人
菅平⾼原スノーリゾート99,000人

最後に

現実的には、長年利用者数1位の志賀高原18スキー場があるので、奥伊吹が1位になることはないと思いますが、ベスト5に入ってくる可能性が十分あります。

これは西日本のスキー場としては快挙です。

4月下旬になると、新潟県と長野県のスキー場の3月31日までの利用者数が発表になるので、またご報告します。

 

2020/2021 利用者の多いスキー場 ベスト10 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました