コブを滑るのに筋力は不要!

コブ スキー

衝撃的なタイトルに釣られて、ブログにお越しいただきありがとうございます(笑)

ほんの少し条件は付きますが、スキーを愛する大多数の方にあてはまると思います。

前提条件

それは、整地を滑れる筋力があることです。

「人をバ〇にしているのか!」 と怒られそうですが、いたってまじめです。

正確に言うと、整地をある程度のスピードを出してターンすることができる人であれば、コブを滑るのに十分な筋力を持っていると思います。

モーグルなどの競技を行っている人は、一般のスキーヤーではないのであてはまりませんよ。

整地はコブより筋力が必要?

自己紹介にも書いていますが、十数年前に右足を複雑骨折し筋肉がほぼなくなり、自分の力で自分の足を上げることができない状態からリハビリを開始しました。(本当ですよ)

今でも、左右の足の太さが見てわかるほど違います。

筋肉を付けている途中の段階からスキーを再開したので、どんな滑りが筋力を使うか体感してきました。

それは次の通りです。(筋力が必要な滑り方が左)

カービング大回り >> カービング小回り >> 大回り >> 小回り >> コブ

この順番は滑走スピード順で、左側ほど早いスピードが出ています。

コブは筋力が必要と感じるのはなぜ?

では、なぜコブを滑る時に筋力が必要だと感じる人が多いのでしょうか。

それは、ずばり股関節、膝関節の柔軟性の問題だと思います。

柔軟性と言っても体操選手のように柔軟が必要なわけではありません。

コブは凹凸が大きいので、下半身を車のサスペンションの様に柔らかくスムーズに動かす必要があります。

これができればスキーの板が雪面から離れないので、コブから大きな衝撃を受けることはなくなります。

しかし、緊張してしまうと柔軟性が無くなり、足が伸びた状態になり、板が雪面から離れる時間が長くなることにより、コブから大きな衝撃を受けることになります。

結果として、より多くの筋力を使うことになります。

これが、コブを滑るのに筋力が必要と感じる理由だと思います。

コブの滑り方

では、どのようにコブを滑れば良いのでしょうか。

私は、常に脱力して雪面からの抵抗に「少し」負けることを心がけています。

負けすぎるのはいけません。

勝のはもっといけません。

「少し」負けることです。

これは、整地を滑っていても同じだと思っています。

もっと詳しく知りたい方は、メニューからコブの滑り方と練習法をみてくださいね。

(ブログの宣伝になってしまいましたww)

 

コブを滑るの必要な筋力は? はこちら
自己紹介 はこちら

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント