クラウンプライズ検定、得点のでるコブの滑り方

スキー

先日のブログで書いたように、今シーズン2回目のクラウンプライズ検定の見学(ビデオ係)を岩原スキー場でしてきました。

今回は撮影する人が少なく、比較的ゆっくりと受験者の滑りを見ることができました。

検定バーン

不整地小回りはチャレンジコースの下からみて左半分で行われます。

このコースは、最大斜度23度、平均斜度18度という、プライズ検定にしては緩やかな斜面です。

加えて、気温も上がり、雪面硬化剤を入れているようですが、あまり効いていませんでした。

受験者の滑り

さすがクラウン受験者の方々です。

ほとんどの方がスムーズにコブを滑られていて、見ている方からすると、どうやって点数をつけるのだろうと考えてしまうほどでした。

下の写真は、テクニカルとクラウン受験者120名弱の演技が終わった後のコブを上から撮ったところですが、コブは小振りです。

下を向いて一番左のコブのピッチはややタイトで、真ん中のコブはオーソドックスな形をしていました。

何本か滑りましたが、縦にでも、回し込んでも、(降りるだけなら)どのようにでも滑れました。

得点

しかし、得点を集計をしてみてビックリしました。

過去3年で5回、岩原と石打丸山で行われたクラウン検定の中で、平均点が一番低かったのです。

コース状況があまりにも優しすぎたためか、採点が厳しめになっていました。

ほとんどの人が、スムーズにコブを滑り降りてきていたにも関わらずです。

会場2019年
石打丸山
2019年
岩原
2020年
石打丸山
2021年
石打丸山
2021年
岩原
平均点79.0 点78.7 点78.9 点78.9 点78.5 点

石打丸山スキー場の不整地小回りの検定バーンはダイナミックコースAで行われます。

最大斜度の24度がずっと続く難コースです。

この時は、ほとんどの人が板を横に振って、転倒やコースアウトする人が何人もいましたが、平均点が0.4点も高く出ていました。

1種目0.4点と聞くと大したことがないように思えますが、4種目すると1.6点で、全受験者の平均と考えると、とんでもない差です。

得点の出る滑り方

さて、みなさんが一番知りたい、得点の出る滑り方です。

それは、小回りで得点のでる滑り方をすることです。

すなわち、板をたわませ、たわみを開放と板をフラットにするタイミングを合わせて、横方向への移動速度を上げることです。

滑っている感覚としては、ほとんど整地小回りです。

実際の検定でも縦に早いだけの滑りには、得点が出ていませんでした。

ちなみに、石打丸山会場のコブは条件が厳しので上記のような滑りはできず、雪面としっかりとコンタクトをとり、スピードをコントロールした滑りの人に高得点が出ていました。

見た目の上手さ通りの点数がでていました。

最後に

なんで、お前が得点の出し方をしっているんだ? 

お前はそんなに上手いのか?

と疑問に思われたあなたに、種明かしをします。

なぜ、高得点のでる滑りが分かるかというと、それは、その場にいた、さるお方から直接滑り方をお聞きしたからです。

確かな情報だと思いますよ(笑)

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました