スキー場 ランキング あれこれ

スキー場 国内

なんとな~く気が向いたんで、スキー場のいろいろなランキングを整理してみました。

その、中から面白そうなものをピックアップします。

営業期間が長いスキー場

昨年までは新潟県のかぐらスキー場が首位を走っていましたが、新型コロナウィルスの影響で早期に影響を中止したため、首位が入れ替わりました。

1位をどちらにしようか迷ったのですが、緊急事態宣言中の営業中期間を含む形ではありますが、中の県の横手山・渋峠スキー場としました。

実営業日では、静岡県のスノーパークイエティが1位です。

今年は、順調にいけば横手山・渋峠スキー場が1位となり、かつ、ついに年の半分の183日以上の営業を行うことになります。

選考基準:2019/20シーズンの営業日数
     奥只見スキー場など、厳冬期にクローズする場合は営業日数に含めていません

1位 横手山・渋峠スキー場 (志賀高原)

オープン日:2019年12月7日(土)
営業終了日:2020年6月1日(月)
営業期間 :177日間(含む、緊急事態宣言で営業中止期間)

例年12月最後の週から、5月最後の週まで約6か月間の営業します。
今シーズンは降雪機の導入により、更に営業期間が伸びそうです。

2位 スノーパークイエティ

オープン日:2019年10月25日(金)
営業終了日:2020年4月5日(日)
営業期間 :163日

他のスキー場より1か月近く早くシーズンインするのが強みです。

3位 かぐらスキー場

オープン日:2019年11月30日(土)
営業終了日:2020年4月17日(金)緊急事態宣言を考慮
営業期間 :139日間

例年であれば5月最終週まで営業できるので、シーズンの一番長いスキー場でした。

高額な共通シーズン券

先日発売が開始された、北海道加森観光運営の4つのスキー場で利用できる K-ウィンターパスのプレミアパスが日本で一番高額なシーズン券です。

豪華な会員専用のラウンジが利用できるなど、ステータスの高いシーズン券です。

選考基準:2020/2021の通常料金でランキングしました。

1位 K-ウィンターパス プレミアム

料金:161,60円

2位 HAKUBA VALLEY シーズンパス

料金:142,000円

3位 ニセコ全山シーズン券

料金:125,000円

最長ゴンドラ

ゴンドラで一気に山頂に上がり、長大なコースを滑り降りる。

ウィンタースポーツの醍醐味ですよね。

1位は長野県栂池高原のゴンドラ「イブ」でした。

ご存じの方も多いと思いますが、南から八方尾根の「アダム」、岩岳の「ノア」、そして栂池の「イブ」と旧約聖書の物語から名前をつけています。

選考基準:ゴンドラの山頂駅から山麓駅までをゲレンデ内を滑走可能なこと

1位 ゴンドラリフト「イヴ」(栂池高原スキー場)

全長 4,120m、高低差 625.26m、山麓からほぼ山頂まで一気に運んでくれます。

 

滑って降りてくることはできませんが、スキー場にあるゴンドラとしては、ドラゴンドラ(苗場・田代ゴンドラ)(5481m)が最長です。

最後に

この他にもいろいろなランキングをまとめていますので、お時間がる方はご覧ください。

スキー場 カテゴリー別 ランキング まとめ はこちら

コメント

  1. 流行病と早い春でランキングは変動するんでしょうかねぇ。
    なんだか雪溶け早いし、春雪になるのも早いような。。。涙

    所長さんの昨日の記事は花より団子状態でしたが、カロリーオーバー注意ですね。
    私は子供につられて、ついつい。。。

    新潟の日本酒もよろしくお願いします。
    スキーヤーへは雪男のワンカップを是非!
    ロゴの雪男が籠じゃなく、スキー板担いでます。

    • 雪男も飲んでますよ。最近はロシニョールバージョンですね。
      水分にはカロリーは無いと信じているので、カロリーは大丈夫(と信じたい)です。

      • し、知らんかった。。。ロシニョールコラボ。。。
        所長さんさすが!生息地のガーラ周辺に詳しい!
        このロゴのステッカーちょっと欲しいかも。

        お酒は甘く無いからゼロカロリーですよ。たぶん。。。
        春は汗かくにもカロリー消費するから大丈夫です。たぶん。。。
        重い方が板を強く踏めるし。たぶん。。。

        • では、いつかブログでロシニョール雪男の写真を載せますね(^.^)