(10/8版)スノーリゾートクラブ(旧JTB)が販売開始。2022/2023 共通シーズン券情報

スキー場 国内

2022年10月6日、スノーリゾートクラブ(旧JTB共通シーズン券)の発表がありましたが、少し残念なお知らせがあります。
その他の、利用可能なスキー場が多い共通シーズン券をご紹介します。

スノーリゾートクラブ

なかなか販売が開始されず、何かあるのではと思っていましたが、対象スキー場が昨年の22か所から3か所減の19か所となりました。
対象外となったスキー場は次の3か所です。

  • 会津高原南郷スキー場
  • 白馬岩岳スノーフィールド
  • HAKUBA VALLEY 鹿島槍スキー場

岩岳と鹿島槍はスキー場の方向性が変わってきたので脱会でしょうか。
これで、日本スキー場開発が運営するスキー場で残っているのは竜王スキーパークのみとなりました。
また、株式会社みなみあいずが運営するスキー場は3か所あり、その中の1か所南郷スキー場が対象から外れました。
後の2か所は残っているのに、不思議です。

同時に発表された共通リフト回数券(15枚綴り)は対象スキー場が17か所で39,800円です。

対象 :19か所
北海道:函館七飯スノーパーク
岩手県:岩手高原スノーパーク
山形県:黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル
福島県:会津高原だいくらスキー場
    会津高原たかつえスキー場(*)
群馬県:奥利根スノーパーク
新潟県:湯沢高原スキー場
    赤倉温泉スキー場
長野県:いいづなリゾートスキー場
    黒姫高原スノーパーク
    斑尾高原スキー場
    タングラムスキーサーカス
    白馬乗鞍温泉スキー場(*)
    八千穂高原スキー場
    竜王スキーパーク
    白樺湖ROYAL HILLスキー場
    シャトレーゼスキーバレー野辺山
    シャトレーゼスキーバレー小海
岐阜県:モンデウス飛騨位山スノーパーク

早割:ー
料金:58,000円(2022年10月5日~2023年3月15日)

共通回数券

対象 :17か所(*)共通回数券対象外
料金 :39,800円(2022年10月5日~2023年1月31日)
枚数 :15枚

マックアースジャパン

スノーリゾートクラブが対象スキー場を減らしたことにより、単独で日本一の共通シーズン券に返り咲きました。
マックアースジャパンは、国境高原スノーパークが外れ、菅平高原パインビークといいづなリゾートスキー場が加わったことにより、対象スキー場を1か所増やし23か所となりました。
また、マックアース運営・営業協力のスキー場は昨年と同じく16か所です。
販売期間が10月15日までなので、気になる方はご購入をお忘れなく。

対象 :23か所
北海道:カムイスキーリンクス
    名寄ピヤシリスキー場
新潟県:神立スノーリゾート
長野県:黒姫高原スノーパーク
    Mt.KOSHA X-JAM高井富士
    Mt.KOSHA よませ温泉スキー場
    菅平高原パインビーク(今シーズンより加入)
    いいづなリゾートスキー場(追加加入)
富山県:立山山麓スキー場
    牛岳温泉スキー場
岐阜県:高鷲スノーパーク
    ダイナランド
    鷲ヶ岳スキー場
    ホワイトピアたかす 
    ひるがの高原スキー場
滋賀県:箱館山スキー場
兵庫県:ちくさ高原スキー場
    おじろスキー場
    氷ノ山国際スキー場
    神鍋高原万場スキー場
    峰山高原リゾートホワイトピーク
広島県:ユートピアサイオト
    スノーリゾート猫山

早割:59,800円(2022年8月1日~9月30日)
  :69,800円(2022年10月1日~10月15日:個人賠償責任危険補償特典付き傷害保険付)
  (合わせて限定4,000枚)
料金:ー

プレミアムシーズンチケット

3番目に多くのスキー場を滑れる共通シーズン券は、SEIBU PRINCE CLUB会員限定のプレミアムシーズンチケットです。
販売数が300枚なので、ご購入はお早めに。

狭山スキー場は含まれていないのでご注意ください。

対象 :9か所
北海道:富良野スキー場
岩手県:雫石スキー場
群馬県:万座温泉スキー場
新潟県:苗場スキー場
    かぐらスキー場
    六日町 八海山スキー場
長野県:軽井沢プリンスホテルスキー場
    志賀高原 焼額山スキー場
    妙高 杉ノ原スキー場

早割:100,000円(先着300枚:2022年10月1日~10月24日)
料金:ー

兵庫メジャーズ 8スキー場共通シーズン券

4番目に多くのスキー場を滑れる共通シーズン券は、兵庫メジャーズ 8スキー場共通シーズン券です。
他の兵庫県のスキー場から、うちもメジャーだ と突っ込みが入りそうです(笑)

対象:8か所
   アップかんなべスキー場
   奥神鍋スキー場
   ハイパーボウル東鉢
   スカイバレイ
   ハチ高原スキー場
   ハチ北スキー場
   おおやスキー場
   ばんしゅう戸倉スキー場

早割:68,000円(~2022年11月13日)
料金:ー

最後に

4スキー場以上の共通シーズン券で未発表は、イナパス | 猪苗代町全スキー場共通シーズン券のみとなりました。
猪苗代町にある全スキー場が対象ですが、近年はスキー場の営業判断が遅く、共通シーズン券の発表が遅くなっています。
昨シーズンの対象スキー場は4か所でしたが、今シーズンはどうなるでしょうか。

 

2022/2023 誰でも買える スキー場 共通シーズン券 はこちら

コメント